« ホテルニューオータニ大阪【サクラ】 | トップページ | 「ブラッド・ブラザーズ」:悲しい物語だが熱い舞台@博多座 »

グランドハイアット福岡宿泊記

■2010年4月他宿泊:「クラブキング」

【Public Space】
「グランドハイアット福岡」へは福岡空港からタクシーで20分ほど。最寄り駅である地下鉄の博多・中洲川端の両駅からは歩いて10分ほどと少し離れています。キャナルシティ内に位置しているため買い物は便利で、川端商店街や櫛田神社も徒歩圏内です。

エントランスに到着すると、ドアマン→ベル→フロントへと流れるような見事な連携。フロントで名前を告げると、5階のクラブラウンジ「グランド・クラブ」でのチェックインを案内されました。

クラブラウンジでは入口にある小さなレセプションデスクでサクサクと説明を受けます。黒いスーツ姿の女性スタッフは「シャングリ・ラ ホテル東京」ホライゾンクラブラウンジのスタッフのように「できる女」風だったけれど、対応は「パレスホテル東京」のスタッフと同じくクールなもの。特にウェルカムドリンクが提供されるわけでもなく、「ザ・リッツ・カールトン大阪」のようなフレンドリーに会話が弾む事もありません。それはこの日に限ったことではなく、当ホテルのスタッフにはそうした印象が強いですね。「ヒルトン東京」のように、とにかく迅速な手続きを求める客が多いのでしょうか。

■一休.com:グランドハイアット福岡宿泊プラン■


【Room】

0429_015 0429_016_4 0429_051_20429_021

今回アサインされた部屋は11階。エレベーターを降りてから部屋までは果てしなく遠い。ただでさえ横に長い建物なのに、この日の部屋は端っこの客室にアサインされたためひたすら歩きます。僕の経験では、エレベーターから客室までが遠いのは当ホテル「グランヴィア京都」が双璧です。あちらはガラス張りの廊下で外を眺めながら歩いていると部屋に到着するけれど、このホテルの廊下は天井が低くくて幅も狭いので余計に遠く感じます。

さすがに経年劣化は隠せませんが室内のインテリアは非常にスタイリッシュ。面積は34㎡とこのクラスのホテルにしては少し狭く、ソファは一人掛けのものが一脚あるのみ。オットマンの有無は部屋によって異なり、今回の部屋にはありませんでした。

テレビや冷蔵庫などは一箇所にまとめられています。テレビは高い位置に設置されていて、ベッドからでも見上げることになるので少し見づらい。

ライティングデスクはガラス張り。十分な広さがあって使い勝手は良好で、チェアの座り心地も快適です。

ベッドはハイアットらしくベッドスロー無しの真っ白。マットレスは180cm幅の日本ベッド製「NOBLS POCKET」。スタンダードクラスのマットレスなので、Silky Pocketに比べると寝心地は劣ります。

外出から戻るとターンダウンがされていました。リクエストベースでやってもらえることは知っていましたが、頼んでいないのに対応してもらったのはこのホテルで初めての経験です。ベッドには天気予報が書かれたカードが置かれており、テレビのBGMがオンにされていました。

■一休.com:グランドハイアット福岡宿泊プラン■


【Bath Room】

0429_023 0429_019_2

このホテルの客室で最も特徴的なのはバスルーム。ガラスと天然石を贅沢に用い、トイレ・シンク・バスタブ・シャワースペースがコンパクトにまとまっています。「グランドハイアット東京」の広々としたバスルームは最高だけれど、このバスルームも工夫されていて非常に快適です。トイレが独立していないのだけが残念。

バスルームに入ってまず目につくのは大きな鏡。シンクからバスタブ横に至る一面全てが大きな鏡になっており、実際の照度よりも明るく感じます。

バスタブは大きく、深さがあるタイプ。すぐ横がシャワースペースなので、お湯が溢れることを気にする必要も無い。

シャワースペースは隔離されたブースではなく、ガラスの簡易戸で仕切られていています。決して広いスペースでは無いけれど、椅子も置いてあって快適にるので楽ちん。ただしハンドシャワーは温度調整ができません。

シンクはシングルだけど、ガラス製で質感は十分。ところが複数のガラスを貼り合わせて作られているようで、それらの隙間から入った洗剤の汚れが残ってしまっています。掃除するには結構な作業となりそうですが、かなり汚らしいので何とかやってほしいところ。

トイレの上には20インチの液晶テレビ。バスタブから観るには十分な大きさ。

■一休.com:グランドハイアット福岡宿泊プラン■


【View】

0429_029 0429_055

部屋からの眺望は内側のキャナルシティサイドと外側の那珂川サイドの二面。今回は那珂川サイドがアサインされました。といっても「リバービュー」というよりは「中州のラブホテル&歓楽街ビュー」といった感じで、魅力的な眺めではありません。


■一休.com:グランドハイアット福岡宿泊プラン■


【Club Lounge】

0429_059_3

クラブフロアに宿泊の場合、5階にある「グランド・クラブ ラウンジ」と4階のスパ&フィットネス「クラブ オリンパス」を利用可能です。

クラブラウンジは暖かみのあるインテリアで席数も十分。ソファも複数置かれています。ただ完全禁煙ではなく、1/3くらいのスペースは朝食時以外は喫煙可です。大きな窓からは屋外庭園を見渡せます。このホテルは客室からの眺めが期待できないので、このような眺望は貴重です。次回はこの庭園が見える5~6階の部屋を指定しようと思います。

朝食の卵料理はスクランブルエッグのみで、目の前で調理してくれるサービスはありません。パンは種類豊富で美味しい。緑を眺めながらの朝食は気持ちが良い。

■一休.com:グランドハイアット福岡宿泊プラン■


【Impression】

福岡市内ではやはり最高グレードのホテルです。ただし、標準客室である「グランドルーム」は狭く、クラブフロアでもそれは同じ。短時間の滞在ならば+10,000円でクラブフロアを選ぶより45m²の「グランドデラックスツイン」が良いかもしれません。

なお、1階の「広東料理 チャイナ」は食べログでも高評価なだけに美味しい。アラカルトでの注文もOKなのでお勧めです。(残念ながら閉店しました)

ホテル宿泊記一覧

一休.com:グランドハイアット福岡 宿泊プラン

【JTBプレミアム】 グランド・ハイアット福岡 宿泊プラン

じゃらんnet:グランド・ハイアット・福岡 宿泊プラン

じゃらんパック:JALマイルとPontaポイントがダブルで貯まる!

一休.comレストラン予約:アロマーズ(ビュッフェ)

« ホテルニューオータニ大阪【サクラ】 | トップページ | 「ブラッド・ブラザーズ」:悲しい物語だが熱い舞台@博多座 »

九州・沖縄のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランドハイアット福岡宿泊記:

» グランド・ハイアット・福岡の宿泊記 [高級ホテル宿泊記リンク集]
グランド・ハイアット・福岡〒812-0018福岡市博多区住吉1-2-82 TEL 092-282-1234 FAX 092-282-2817 グランド・ハイアット・福岡 エグゼクティブフロア特集 ... [続きを読む]

« ホテルニューオータニ大阪【サクラ】 | トップページ | 「ブラッド・ブラザーズ」:悲しい物語だが熱い舞台@博多座 »