« ルネッサンスサッポロホテル【カリフォルニアン】 | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」:男前ビースト登場 »

ルネッサンスサッポロホテル【中国料理 美麗華 】

中国料理 美麗華 中国料理 美麗華 中国料理 美麗華 中国料理 美麗華 中国料理 美麗華 中国料理 美麗華 中国料理 美麗華

現在はマリオット傘下だけれどルネッサンスホテルチェーンは元々香港資本。それと関係もあるのか分かりませんが、当店がこのホテルのメインダイニング。また、サイトに記載は無いものの、麻布の名店「中国飯店 富麗華」の姉妹店にあたり、内装やメニューの一部は共通なんだそう。

館内のどこで食べるか迷っていたら、ベルガールとクラブコンシェルジュの二人共がオススメしてくれたので利用してみました。

女性スタッフの接客は丁寧だし生演奏もあって雰囲気はかなり良い。価格設定もホテルのレストランとしてはリーズナブルと言えます。今回の料理には不満が残るけれど、機会があれば再訪も悪くないかも。


【料理・味】
「上海点心師の小籠包」(4個550円)は皮のふんわり感が今一つでちょっと残念。「五目春巻」(2個500円)は大きいというか分厚い。皮は相当にカリカリで、口に含むとバリバリと崩れる。ただでさえ春巻は箸で食べにくいのだから、一口サイズにカットしてから出してほしいと思う。あんかけは控えめ。椎茸・人参・挽肉など具はたっぷりでなかなかの味。

炒飯は五種類。一番オーソドックスな「芝海老の炒飯」(1,400円)をいただく。サラサラ度はかなり高い。プリプリの海老もたっぷりと入っています。でも味付けがあまりに薄味すぎ。ご飯もそうだし海老も味がほとんどしない。やっちゃイカンと思いつつ、醤油をちょっぴり垂らしてしまいました。


【サービス】
ホールは女性スタッフばかり。慇懃さは全く無く、丁寧で好印象です。


【雰囲気】
パーテーションで仕切られた半個室のボックスシートでいただきました。二人用のテーブルは広くてゆったり。適度に暗く、落ち着いた雰囲気です。ホールでは中国古典楽器の生演奏があります。

一休.comレストラン予約:中国料理 美麗華

一休.comレストラン予約:札幌のレストラン予約

« ルネッサンスサッポロホテル【カリフォルニアン】 | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」:男前ビースト登場 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルネッサンスサッポロホテル【中国料理 美麗華 】:

« ルネッサンスサッポロホテル【カリフォルニアン】 | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」:男前ビースト登場 »