« セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】②朝食 | トップページ | セントレジスホテル大阪宿泊記① »

セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】③昼食


ランチコースは三種類。ただし一番リーズナブルなコースはフォカッチャを使ったサンドウィッチで、軽めな食事だそうです。今回は「“テッラ” 大地」(6,000円)をいただきました。供された皿は下記の通り。

◆牛モモ肉のカルパッチョ、24ヶ月熟成のパルメザンチーズとルッコラ添え
◆ 二つの海香る浅利のリングイネ、カラスミの香りと芽ねぎを添えて
◆国産の仔鳩と粗引きポレンタのフォンティーナ風味、 黒コショウ風味のコロッケを添えて
◆リンゴのクロッカンテ、バニラアイスと黒糖アイス添え
◆コーヒーとプティフール

アミューズは特にありません…。カルパッチョは結構な厚切り。ルッコラは生・ペースト・ムースと形状の異なる三種類。牛肉の生臭さは感じず、しっかりとした食感を味わえます。
ただパルメザンチーズはとても美味しいものの、その味は非常に濃厚。加えてシャリシャリ感の残るペースト状のルッコラも塩分が強いので、しょっぱさが強すぎて全体的なバランスは今一つな印象です。

二皿目は「トスカーナの伝統スープ、リボッリータ」でしたが、パスタな気分だったので「浅蜊とカラスミのリングイネ」に変更していただきました。やや幅広なリングイネは凄いアルデンテ。その固さは名古屋の味噌煮込みうどん級。ここまでアルデンテだとせっかくのモチモチ感が活きてこない気がします。でも味付けはあっさりめで上品かつ美味。芽ねぎが爽やかな後味を演出しています。代官山のリストランテASOのスペシャリテ「からすみのスパゲッティ」より好みです。

メインは小鳩。やや固く、臭みを感じます。添えられたポレンタは薄味すぎてイマイチ。コロッケは肉を細かく刻んで詰め込んだもの。こちらも臭みがあるし揚げ加減も重い。

ドルチェはクロッカンテ。下にはサクサクなパイが敷かれています。当店はイタリアンなのにブラッドオレンジジュースの取り扱いが無いそうです。代わりに注文したフレッシュオレンジジュースはバヤリースみたいな薄味でがっかり。


■セントレジス大阪を予約!

■セントレジスホテル大阪宿泊記①

■セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】①夕食②朝食③昼食

■セントレジスホテル大阪【ル ドール】

一休.com:セントレジスホテル大阪

じゃらんパック:JALマイルとPontaポイントがダブルで貯まる!

一休.comレストラン予約:ラ ベデュータ (イタリア料理)

一休.comレストラン予約:ル ドール (フランス料理)

« セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】②朝食 | トップページ | セントレジスホテル大阪宿泊記① »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】③昼食:

« セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】②朝食 | トップページ | セントレジスホテル大阪宿泊記① »