« 名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記① | トップページ | セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】①夕食 »

セントレジスホテル大阪【ル ドール】

10月1日にグランドオープンしたセントレジス大阪の1Fにあるビストロ。こちらのシェフはリゾートトラスト系のホテル内レストランで活躍されたギー・ショク氏。料理の鉄人にも出たことがあるそうです。

公式サイトには「ファッショナブルな御堂筋沿いのフロアで~」と書かれていますが、実際には本町通り沿いで御堂筋には面していません。

こちらではランチをいただきました。オープンして間もないためか接客はラ ベデュータ」同様に微妙すぎ。それはそれとしても、僕には料理の味付けが全く合いませんでした。いきなりの低評価で申し訳ないけれど、ちょっと再訪は考えにくい。


【料理・味】
ランチコースは三種類。いずれも前菜+メイン+デザートという組み合わせ。
野菜中心の「アルザス」(3,000円)、魚料理の「ロレーヌ」(3,800円)、そして肉料理の「バスク」(4,200円)です。今回は「バスク」をいただきました。供された皿は下記の通り。

◆ビーツのスープとチーズのグジェール
◆フォアグラと帆立のビターオレンジジュース マリネ
◆バスク風チキン
◆デザート盛り合わせ
◆コーヒー

アミューズはビーツを使った冷製スープ。生クリームが載っています。ほんのり酸味が効いビシソワーズといった感じでしょうか。口に含むと少しシャリシャリとした食感が残ります。添えられたグジェールはチーズ風味。ふわっとしていて悪くはないけれど、中は空っぽなので若干拍子抜け。これがせめて温かかったら良いのに…完全に冷めていました。

パンにつけるバターは三種類。胡桃、杜松の実、そしてアンチョビ。アンチョビを使ったものはエッジが効いていて美味しかった。これが当店で一番良かったかも(苦笑)

前菜はフォアグラと帆立のマリネ。添えられているのは先ほどスープにも使われていたビーツ。今度は苦みの効いたものになっていました。フォアグラはツルっとしたバターの様な歯応え。味はむしろレバーに近い。帆立は網状の焦げ目がついていますが冷製です。柔らかさも今一つ。

そしてメインはチキン。野菜や生ハムもたっぷりで、ボリュームは十分。あんかけの様なソースがかかっていて、上にはサフランを入れた寒天がプレート状に固められています。ドミニク・コルビ氏の料理みたい。このチキンは骨無し。柔らかいし火がしっかりと通っていて美味しい。ただ味付けがあまりに濃すぎる。とにかくしょっぱい。ハムのしょっぱさも加わって、これはちょっとキツかったです。

デザートは盛り合わせ。白ワインのゼリーとケーキが三種類。盛りつけに工夫がなさ過ぎでしょ。ビュッフェ台から自分で取ったみたい。

先日放映されていたTV番組ではワゴンサービスと紹介されていましたが、今はディナーだけみたいです。

【サービス】
スタッフの数は多いですが、目が行き届いていません。注文を取りに来なかったりグラスが空なのに声をかけてくれない、会計にやたら時間がかかるなどお約束的なドタバタ感。ビストロといってもサービス料10%を取るのだから、しっかりしてくれ。


【雰囲気】

2階はサロンらしいです。そのサロン部分以外は吹き抜けなので天井が非常に高く、開放感があります。席間もまずまずでしょうか。テラス席もありますが、往来の激しい本町通り沿いなので騒々しい。
床はフローリングとタイル貼り。昼でも真っ白なテーブルクロスつき。椅子はちょっと高め。クッション部分に中途半端な高さの背もたれがあり、座り心地はイマイチ。

■セントレジスホテル大阪宿泊記①

■セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】①夕食②朝食③昼食

■セントレジスホテル大阪【ル ドール】

一休.com:セントレジスホテル大阪

じゃらんパック:航空券+セントレジスホテル大阪のお得な宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ ベデュータ (イタリア料理)

一休.comレストラン予約:ル ドール (フランス料理)

« 名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記① | トップページ | セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】①夕食 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セントレジスホテル大阪【ル ドール】:

« 名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記① | トップページ | セントレジスホテル大阪【ラ ベデュータ】①夕食 »