« ホテルメトロポリタン長野【皇華】 | トップページ | ホテルオークラ東京【テラスレストラン】 »

ホテルオークラ東京宿泊記①

■2011年12月宿泊:「本館・スタンダードダブル」

【Public Space】
ホテルオークラ東京_外観2 ホテルオークラ東京_外観2 ホテルオークラ東京_外観3 ホテルオークラ東京_本館ロビー1 ホテルオークラ東京_本館ロビー2 ホテルオークラ東京_本館ロビー3 ホテルオークラ東京_エレベーターホール ホテルオークラ東京_客室階の廊下 ホテルオークラ東京_客室ドア

ホテルオークラ東京」の最寄り駅は地下鉄日比谷線の神谷町駅・銀座線の虎ノ門駅もしくは南北線の六本木一丁目駅。坂の中腹に建っているため、どの駅からのルートも上り坂になります。各駅への送迎バスは週末限定のようです。

この日はタクシーで向かいましたが、本館・別館のどちらにアサインされるか分からないのでとりあえず本館へ。エントランスに着くと、ドアマンが自ら荷物を持ってフロントへ誘導してくれました。このドアマンは非常に丁寧かつ物腰の柔らかい対応で感動しました。「コンラッド東京」や「ヒルトン東京」あたりのドアマン達とは大違いです。

エントランスを入ると、正面にはオークラを象徴するようなゆったりとしたロビーがあって、フロントは右側の別館へ向かう通路みたいな場所に位置しています。

チェックインの手続きでは住所・氏名・電話番号の記載とクレジットカードの認証を求められました。残念ながら「オークラクラブインターナショナル」の会員とは認識されていない様子。どのみち一休.com経由では特典は適用外ですが。

幸いにもアサインされた部屋は本館。別館だと地下通路を通って延々歩いていかなければならないのでホッとしました。チェックインの手続きが終わると若いベルの案内で客室へ。このベルボーイは、いかにもオークラ的な丁寧すぎる言葉遣い。逆にこっちが気を遣ってしまいます。

部屋は7階。ロビーが5階なので2つ上のフロアになります。4機あるエレベーターはゴールドメタリックの派手な内装。「ゆっくりとくつろいで欲しい」との思いから「Close」ボタンがついていないのは有名な話。と言っても、無刻印のボタンを押せば普通に閉まります。

客室階のエレベーターホールはとても広く、そこから三方向に客室が伸びています。廊下の幅も非常に広く造られ、また各部屋が互い違いに配置されているため、同時にドアを開けても鉢合わせすることはありません。このあたりのゆとり感はさすが老舗ホテルという感じ。ただし部屋の鍵は平凡なカードキーでオークラクラブの会員証と似たようなデザインです。

■一休.com ホテルオークラ東京 宿泊プラン■


【Room】

ホテルオークラ東京_全景 ホテルオークラ東京_ベッド ホテルオークラ東京_折り鶴 ホテルオークラ東京_ナイトテーブル ホテルオークラ東京_デスク ホテルオークラ東京_電話 ホテルオークラ東京_チェスト ホテルオークラ東京_ティーセット ホテルオークラ東京_ミニバー ホテルオークラ東京_冷蔵庫 ホテルオークラ東京_チェア

今回の部屋は「スタンダードダブル」という最もリーズナブルなタイプで部屋の面積は30㎡ほど。室内は照明が多くて明るい。全体的に暖色系の照明なのに、窓際上部だけは天井を向いた蛍光灯が白く光っているのはアンバランスな印象です。

窓際に置かれているのはストライプ柄の一人がけソファとオットマン、小さな丸テーブル。シングルユースだけを想定しているかのようです。

ベッド幅は160cmとラグジュアリーホテルにしてはやや物足りないサイズ。しかも壁にぴたりと寄せて置かれているのでサイドテーブルは一方のみで、まさにシングル仕様。マットレスは日本ベッド製のレギュラータイプ。

チェックインが遅かったためか、既にターンダウン済み。ベッドの上には「おやすみなさい」のカードと折り鶴と浴衣が置かれ、サイドにはフットマットが敷かれています。しかし、クッションやゴールドのベッドスローはそのまま。何とも中途半端なサービスという印象ですが、「ホテルオークラ札幌」でも同じ方式だったのでオークラ共通のやり方なのかもしれません。

また、シーツにはシワや折り目が目立ち、テレビやバスルームのアメニティには細かい埃が散在していて天下のオークラとは思えない仕上がり。

ライティングデスクはやや広め。革張りのチェアは肘掛けこそ無いものの、座り心地は悪くない。ただしデスクの高さと微妙に合っていないのはとても残念。

テレビはパナソニック製「VIERA TH-26LX60」がデスクの右端に置かれています。いまどき26インチは小さいし、リモコンの反応角度が狭くて使いづらい。

クローゼットは三枚引き戸の奥にあって奥行きはびっくりするほどのミニマムサイズ。三枚戸の右側はミニバーと冷蔵庫。紅茶・煎茶・ほうじ茶のティーバッグは無料ですが、コーヒーは有料。また、富士ミネラルウォーターの1Lボトルが「ポット用」として置いてあります。

■一休.com ホテルオークラ東京 宿泊プラン■


【Bath Room】

ホテルオークラ東京_バスタブ ホテルオークラ東京_シンク ホテルオークラ東京_アメニティ

バスルームも狭い。バスタブ・便座・シンクが同居したオーソドックスなタイプで、直前に泊まった「グランドハイアット東京」の快適さとは雲底の差があります。

シャワーカーテンで仕切られたバスタブも小さめだし、酸っぱい臭いが漂っていてとても不快でした。もちろんテレビやBGM設備は無く、リラックスできるバスルームとは言えません。

バスローブはやや薄手で軽いタイプ。アメニティは資生堂製のホテルオリジナル。ヘアブラシは「ザ・リッツ・カールトン大阪」と同じクッション付きのもの。ひげ剃りは「Shick」の二枚刃、シェービングジェルは「ヒルトン東京」と同じ「GATSBY」、歯磨き粉は「G・U・M デンタルペースト」とそれなりの物が揃っていますがバスソルトはありません。

■一休.com ホテルオークラ東京 宿泊プラン■


【View】

ホテルオークラ東京_眺望1 ホテルオークラ東京_眺望2 ホテルオークラ東京_眺望3

電動のドレープを開けると二重窓になっていて、内窓は格子模様の曇りガラスでレースのカーテン替わり。その曇りガラスを開け放てば庭園の芝生が綺麗に見えます。夜には一部がライトアップされていました。周囲をビルに囲まれた「坪庭」的な印象は否めませんが、このホテルの中では良い眺望。

■一休.com ホテルオークラ東京 宿泊プラン■


【Breakfast】

オーキッドルーム_01 オーキッドルーム_02 オーキッドルーム_03 オーキッドルーム_04

朝食は「山里」の和朝食、「オーキッドルーム」のセットメニュー、「テラスレストラン」と「カメリア」のビュッフェです。

お勧めは「オーキッドルーム」。本館のロビー脇にあるこのお店は「これぞホテルオークラ」という感じの重厚な雰囲気です。バンケットルームのように広くて天井もかなり高い。もちろん隣席との間隔もも十分に広い。独りで朝食をとるビジネスマンが目立ちます。

当店の看板メニューは「フレンチトースト」。オークラが自画自賛するのも頷ける、本当に美味しい最高の一皿です。札幌や福岡のオークラでもいただけますが、当店のものは全くの別物です。


軽く焦げ目のついた表面は程良い固さの歯応えで、中は驚きの柔らかさ。ナイフで小さく切って口に入れるとクリーミー&ふんわり感が口一杯に広がります。文章にするのは難しいけれど、西麻布の名店「ル・スフレ」の絶品スフレを食べて口中が幸せに包まれるような、あの感じに近い。家庭では再現できない伝統と熟練のワザなのでしょう。

いきなり全体にメープルシロップをかけてしまうのではなく、一口目は何もつけずに二口目はバターだけで。そして少しずつシロップを。自分好みの味になるよう調整しながら食べて欲しいと思います。



注意すべきは見た目以上に満腹感が得られる事。女性や少食の方はハーフポーションで十分。フルポーションだと如何せんしつこさを感じてしまい、飽きてしまうのは否定はできない。男性でもあえてハーフにして、他メニューを一緒にオーダーした方が良いかもしれません。

ホテル宿泊記一覧

ホテルオークラ東京宿泊記②

一休.com:ホテルオークラ東京 宿泊プラン

じゃらんnet:ホテルオークラ東京 宿泊プラン

じゃらんパック:航空券+ホテルオークラ東京のお得な宿泊プラン

一休.comレストラン予約:オーキッドルーム(欧風料理)

一休.comレストラン予約:桃花林(中国料理)

一休.comレストラン予約:ラ・ベル・エポック(フランス料理)

一休.comレストラン予約:さざんか(鉄板焼き)

一休.comレストラン予約:山里(日本料理)

« ホテルメトロポリタン長野【皇華】 | トップページ | ホテルオークラ東京【テラスレストラン】 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルオークラ東京宿泊記①:

» ホテルオークラ東京の宿泊記 [高級ホテル宿泊記リンク集]
ホテルオークラ東京〒105-0001東京都港区虎ノ門2-10-4 TEL 03-3582-0111FAX 03-3582-3707 ホテルオークラ東京ホテルオークラ東京(一休.comの施設ガイドページ) ホテルオークラ東京のお得なプランを探そう...... [続きを読む]

« ホテルメトロポリタン長野【皇華】 | トップページ | ホテルオークラ東京【テラスレストラン】 »