« 羽田エクセルホテル東急宿泊記 | トップページ | ヒルトン名古屋宿泊記 »

グランドハイアット東京宿泊記

■2011年12月宿泊:「グランドキング」

【Public Space】
グランドハイアット東京_ グランドハイアット東京_エレベーターホールからの東京タワー グランドハイアット東京_客室階廊下 グランドハイアット東京_客室ドア

六本木ヒルズに位置する「グランドハイアット東京」。タクシーでエントランスに着くと中からスタッフが出てきて荷物を持ってくれました。フロントは「グランドハイアット福岡」と同じように黒を基調としていてスタイリッシュ。でもラグジュアリー感は今ひとつな感じです。

担当した女性スタッフは不慣れな様子で、客室の準備状況を確認するのにやたら時間を要しました。しかも「ターンダウンは不要」と言ったのに客室係には伝わっておらず…。また、hayatt.comで宿泊代金を事前に支払い済みにも関わらず「部屋付けを利用するために」という意味不明な理由でクレジットカードの認証を求められました。この対応をされたのは「コンラッド東京」に続いて二度目。印象の悪い対応ですね。

■一休.com グランドハイアット東京 宿泊プラン■


【Room】

グランドハイアット東京_客室エントランス グランドハイアット東京_ティーセット グランドハイアット東京_冷蔵庫 グランドハイアット東京_1 グランドハイアット東京_ミニバー2 グランドハイアット東京_客室全景 グランドハイアット東京_ソファ グランドハイアット東京_ベッド グランドハイアット東京_コントロールパネル グランドハイアット東京_ライティングデスク グランドハイアット東京_スタンドライト グランドハイアット東京_スリッパ グランドハイアット東京_時計 グランドハイアット東京_スピーカー グランドハイアット東京_オーディオシステム

アサインされた部屋は19階の「グランドキング」というスタンダードなタイプ。入ってからベッドルームまでのアプローチ部分はフローリング。それが影響しているのか、滞在中は他部屋からのドン!ドン!という騒音に悩まされました。

右側にはシックなミニバーが設置され、引き出しに納められたグラスは種類豊富。冷蔵庫の中もパンパンで、持ち込んだドリンクを入れるスペースはありません。

ベッドルームの天井は高い。それでもバスルームにかなりのスペースを割いているため公称42㎡もあるようにはとて思えません。窓際にはマガジンラックがついた一人掛けのソファとオットマンが。質感は高いけれど経年劣化がやや気になります。

ライティングデスクは三角形と円形を組み合わせた個性的なデザイン。シルバーのポールが印象的です。円形部分は引き出しになっていて、上にはシャープ製「LC-32D10」とソニー製DVDプレーヤー「DVP-F25」が載っています。このクラスのホテルで32インチは小さいですね。音声はデスク下のBOSE製スピーカーシステムから出力されますが、残念ながら音はこもりがち。デスク下に設置したのは失敗だと思います。

三角形部分のライティングスペースは広め。引き出しに収められたディレクトリはやけに詳しく書かれています。デザイン性を重視したテレビのリモコンやエアコンパネルの操作方法が分かりづらいせいでしょうか。また、一般フロアなのにクラブラウンジの案内が置かれているのはちょっと微妙づ。

ベッドはハイアットらしい白一色のデュベでマットレスは固め。枕はふっくらさと固さのバランスが良くて快適でした。寝間着が浴衣のみでパジャマ無しっていうのもハイアット共通。

■一休.com グランドハイアット東京 宿泊プラン■


【Bath Room】

グランドハイアット東京_バスルーム入り口 グランドハイアット東京_バスルーム全景 グランドハイアット東京_シンク グランドハイアット東京_アメニティ グランドハイアット東京_トイレ グランドハイアット東京_バスタブ グランドハイアット東京_シャンプー類

ベッドサイドの引き戸を開けるとドライエリア。 シンクはシングルだけど大きめなので使いやすい。13インチの液晶テレビが置いてあり、向きを変えればバスタブからも視聴できます。アメニティは至って普通。特筆すべきものは無いです。クローゼットの奥には三面を石に囲まれたトイレ。なぜかドアが無くて妙な感じ。

ウェットエリアは洗い場つきでレインシャワーも完備。バスタブはかなり大きめで深さも十分。しかもバスタブにはオーバーフローが無いので湯をたっぷりと溢れさせる事ができます。シャンプー類はコーセー製のホテルオリジナル。スイートでは「REN」になるらしいです。

ハイアット系列で言えば、リージェンシー東京のクラブルームやグランド福岡も洗い場つきだけど、コンパクトなそれらとは段違いのゆったり感。これまでに経験したホテルのバスルームでは最も快適でした。

■一休.com グランドハイアット東京 宿泊プラン■


【View】

グランドハイアット東京_眺望1(森タワー) グランドハイアット東京_眺望2

今回の部屋は森タワーサイド。ビルの脇からミッドタウンや首都高3号線、東京タワーも見えますが、視界の大半は森タワー。このビルの「太さ」を実感します。エレベーターホールに近い部屋なら視界がやや開けますが、大きな違いはありません。

カーテンはレース・遮光共に電動のロールカーテン。森タワーからの視線が気になって滞在中はほとんど閉めっぱなしでした。


ホテル宿泊記一覧

【一休.com】グランドハイアット東京 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:フレンチ キッチン(オールデイダイニング)

一休.comレストラン予約:オークドア(ステーキハウス)

一休.comレストラン予約:けやき坂(鉄板焼)

一休.comレストラン予約:六緑 (寿司)

一休.comレストラン予約:チャイナルーム (中国料理)

一休.comレストラン予約:旬房 (日本料理)

一休.comレストラン予約:フィオレンティーナ (イタリア料理)

一休.comレストラン:グランドハイアット東京周辺のレストランを探す

« 羽田エクセルホテル東急宿泊記 | トップページ | ヒルトン名古屋宿泊記 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランドハイアット東京宿泊記:

« 羽田エクセルホテル東急宿泊記 | トップページ | ヒルトン名古屋宿泊記 »