« ヒルトン名古屋宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記② »

ハイアットリージェンシー東京宿泊記①

■2011年8・11月宿泊:「クラブルーム・キング」

【Public Space】
ハイアットリージェンシー東京_外観 ハイアットリージェンシー東京_看板 ハイアットリージェンシー東京_クリスマスレース センチュリーハイアット時代の名残 ハイアットリージェンシー東京_ロビー ハイアットリージェンシー東京_有名なシャンデリア ハイアットリージェンシー東京_ロビー階エレベーターホール ハイアットリージェンシー東京_クリスマスツリー ハイアットリージェンシー東京_客室階エレベーターホール ハイアットリージェンシー東京_客室階廊下1 ハイアットリージェンシー東京_客室階廊下2 ハイアットリージェンシー東京_シャンデリアを上から望む

「ハイアットリージェンシー東京」が建つのは西新宿。新宿駅からは歩いて10分弱。新宿中央公園に隣接しています。巨大なシャンデリアの下を抜けてフロントに近づくと、ベルスタッフがすぐに走り寄ってきて荷物を持ってくれました。このホテルではいつもこうした気持ちの良い歓迎を受けます。クラブフロアの予約である旨を告げ、9階のリージェンシークラブラウンジへ直行します。

このホテルは1980年に「センチュリーハイアット」として開業し、それから30年余りが経過しました。リノベーションされてはいるものの、建物はやはり古さを隠せません。シースルーのエレベーターは結構な旧式で、カゴが到着したことを知らせる「キンコン」というレトロな音が経年を感じさせます。

クラブラウンジには独立したレセプションデスクがあり、宿泊客はヒョウ柄の椅子に座ってチェックインの手続きを行います。対応してくれたコンシェルジュによると、ゴールドパスポート会員に提供されているパンとコーヒーの朝食サービスは2011年12月末をもって終了するとのことでした。

クラブフロアといえば高層階のあることが多いですが、このホテルでは6~8階に割り当てられています。今回アサインされた部屋は一つ下の8階。クラブラウンジとの間に専用の階段は無く、わずかワンフロアを移動するにもエレベーターを使わなければならないのは少し面倒くさい。

また、クラブフロアだからといって特別なセキュリティ設備はありません。フロントの前を通らずとも客室階に行けてしまうのは一般フロアと同じ。カードキーが必要になるのはクラブラウンジへの入室だけです。

客室階のエレベーターホール周辺はゆったりとした造りというか、無駄に広いスペースが広がっていて、客室は吹き抜けのロビーを囲むように配置されています。

■一休.com ハイアットリージェンシー東京 宿泊プラン■


【Room】

ハイアットリージェンシー東京_客室ドア ハイアットリージェンシー東京_エントランス ハイアットリージェンシー東京_壺 ハイアットリージェンシー東京_ベッド1 ハイアットリージェンシー東京_ベッド2 ハイアットリージェンシー東京_コントロールパネル ハイアットリージェンシー東京_チェア ハイアットリージェンシー東京_デスク ハイアットリージェンシー東京_洋書 ハイアットリージェンシー東京_ミニバー ハイアットリージェンシー東京_ティーセット ハイアットリージェンシー東京_冷蔵庫

今回の部屋は「クラブルーム」のキングベッドタイプ。8月の滞在時は都庁舎側、11月は新宿中央公園側の部屋となりました。

このタイプの客室は数年前に大改装されて質感が格段に向上しています。京都や箱根のハイアットと同じく杉本貴志氏が率いるスーパーポテト社が手がけており、木を多用した暖かいデザインが特徴です。

部屋のドアを開けると「オヤジの香水」ぽい匂いが漂ってきます。僕はこの匂いがとても苦手なので、持参したリセッシュを部屋中に振りまいてしまいました。それはさておき、玄関部分にはオリエンタルな壺が置かれています。これはオブジェ?それとも傘立てなんでしょうか?

その先に伸びるクローゼットは壁側ではなく、バスルームに沿うように設けられています。このクローゼットにはなぜか照明が無く、夜になると暗くて使い勝手は今ひとつ。クローゼットの先端部分はダイナミックに開閉し、中はミニバーと冷蔵庫になっています。

客室面積は35㎡とのことだけど、バスルームの占める割合が高いため、数字ほどの広さは感じられません。またホテル側は「大きな窓」と言いますが、とてもそうとは思えない幅が狭いタイプなので開放感はイマイチ。これもまた広さを感じられない要因でしょう。

180cm幅のベッドはハイアットらしい真っ白なデュベスタイル。ベッドスローやクッションは全くありません。ヘッドボードの上部には古木があって、読書灯が埋め込まれています。カッコイイデザインですね。

マットレスはやや固め。最初は違和感を覚えたものの、意外と僕にはフィットしたようで朝まで熟睡できました。

半円形のライティングデスクは壁から伸びているような造り。外国人ウケを狙ってか二冊の洋写真集が並べられ、デスクの上にも「百人一首」という本が。デスク横に置かれたテレビはシャープ製「LC-37EX5」。バスルームからもガラス越しに見ることができます。

赤いデスクチェアはハードな座り心地。キャスター付きは便利だけど、肘掛けは無いし形状も僕には合わなくて、腰が痛くなってしまいました。

窓際のスペースにゆとりは全く無し。そんな狭いところに置かれているのはグリーンストライプの独り用チェア、オットマンと小さなウッドテーブル。このチェアも固い座り心地で、あまりくつろげません。

■一休.com ハイアットリージェンシー東京 宿泊プラン■


【Bath Room】

ハイアットリージェンシー東京_シースルー! ハイアットリージェンシー東京_シェードを閉じる ハイアットリージェンシー東京_コントロールパネル ハイアットリージェンシー東京_バスルームよりベッドルームを望む ハイアットリージェンシー東京_シェードを閉じる2 ハイアットリージェンシー東京_バスタブ ハイアットリージェンシー東京_シャンプー類 ハイアットリージェンシー東京_シンク ハイアットリージェンシー東京_アメニティ ハイアットリージェンシー東京_トイレ

引き戸を開けるとオーバルなシンクが目に飛び込んできます。ベッドルームと同じくスタイリッシュな照明だけど、照度は弱くて鏡に映る自分の姿が暗すぎるのは難点。

シンクの横にはガラス張りのバスルーム。ガラスと石のコントラストが印象的で質感はとても高いです。ガラス張りなのはシンク側だけでなく、ベッド側も電動シェード付きの大きなガラス窓。最近よく見かけますね、このタイプ。

バスタブは「グランドハイアット東京」のそれに比べると浅いけれど、十分な大きさがあって快適です。しかも洗い場つきなのでジャブジャブとお湯を流せます。

ただし、あまり広くない客室に無理して造ったようで、洗い場スペースはちょっと狭い。幅は80cmほどしかなく、立った状態でシャワーを使うとバスタブに水がかかってしまいます。

■一休.com ハイアットリージェンシー東京 宿泊プラン■


【View】

ハイアットリージェンシー東京_眺望1 ハイアットリージェンシー東京_眺め2 ハイアットリージェンシー東京_美しい夕焼け

新宿中央公園側の部屋からは富士山も望みます。でも夜は真っ暗。都庁側の部屋は視界の半分以上を都庁舎が占め、カーテンを開放しづらい。そもそもクラブフロアは低階層なので眺望はあまり期待しない方が良いです。

■一休.com ハイアットリージェンシー東京 宿泊プラン■


【Club Lounge】

ハイアットリージェンシー東京_クラブラウンジ ハイアットリージェンシー東京_クラブラウンジの朝食

「リージェンシークラブラウンジ」の営業時間は6:30から22:00まで。クラブフロアの宿泊客に加え、ゴールドパスポートのダイヤモンド会員も利用できるそうです。フード・ドリンク共に完全セルフサービスのラウンジで、入室には客室のカードキーが必要です。

ラウンジ内はフードコーナーの他、4つのエリアに分かれています(うち1つが喫煙ルーム)。結構な広さですが、残念ながらそのレイアウトは今ひとつに感じました。「リビングエリア」と「書斎エリア」はゆったりしたソファ席が大半を占め、隣席との間隔は十分に広いけれど席数は少ない。逆にテーブル席のある「ダイニングエリア」は席数豊富だけれど、隣席との間隔が狭くて落ち着きません。利用客の少ない喫煙室は廃止して欲しいです。

18:00~20:00のカクテルタイムではラザニア、大根の煮付け、チーズ、それにフィンガーフードが数種類とラズベリーのケーキがありました。

朝食はシンプルなもの。クロワッサンはまずまず。コンラッド東京のセリーズやストリングスのザ・ダイニングルームよりはよっぽど美味しい。

このラウンジも外国人客が非常に多く、また日本人は一人客が多かった。スタッフは数多く配置されているので、目は十分に行き届いていると思います。


ホテル宿泊記一覧

ハイアットリージェンシー東京宿泊記②

一休.com:ハイアットリージェンシー東京宿泊プラン

じゃらんnet:ハイットリージェンシー東京 宿泊プラン

じゃらんパック:JALマイルとPontaポイントがダブルで貯まる!

一休.comレストラン予約:キュイジーヌ(s) ミッシェル・トロワグロ(フランス料理)

一休.comレストラン予約:佳香(日本料理)

一休.comレストラン予約:翡翠宮(上海・北京料理)

一休.comレストラン予約:カフェ(オールデイダイニング)

一休.comレストラン:ハイアットリージェンシー東京周辺のレストランを探す

« ヒルトン名古屋宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記② »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイアットリージェンシー東京宿泊記①:

» ハイアット リージェンシー 東京の宿泊記 [高級ホテル宿泊記リンク集]
ハイアット リージェンシー 東京〒160-0023東京都新宿区西新宿2-7-2TEL 03-3349-0111FAX 03-3344-5575 ハイアット リージェンシー 東京 エグゼクティブフロア特集ハイアット リージェンシー 東京のお...... [続きを読む]

« ヒルトン名古屋宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記② »