« グランドハイアット東京宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記① »

ヒルトン名古屋宿泊記

■2011年1月宿泊:「エグゼクティブルーム(キング)」

【Public Space】
名古屋のホテル選びで第一候補は「名古屋マリオットアソシアホテル」。今回もそのつもりでしたが、3ヶ月前の時点でコンシェルジュフロアはなんと満室。今回は「ヒルトン名古屋 」をチョイスしました。

最寄りの伏見駅は名古屋駅と栄駅の中間に位置しています。分かりやすい立地ですが、名古屋駅からのアクセスならばタクシーが無難でしょう。

広小路通にほど近いエントランスを入ると3フロア吹き抜けのロビーとラウンジが広がっています。フロントのスタッフに声をかけると26階でのチェックインを案内されました。といってもエレベーターを指さされただけでアテンドはありません。

26階のエグゼクティブラウンジで行ったチェックインの手続きはわずか3分足らずで終了。世間話は全く無く、フロア特典やラウンジについては案内書を渡されただけ。見事なくらいにドライな対応でした。「ヒルトン東京」もそうだけど、ビジネスユースが多いヒルトンではフレンドリーさよりも手続きの迅速さが求められるってことでしょうか。僕自身はクラブフロアに宿泊した時くらいゆっくり手続きしたいものですが。

■一休.com:ヒルトン名古屋宿泊プラン■


【Room】

ヒルトン名古屋_エレベーターホールからの眺望 ヒルトン名古屋_客室階廊下 ヒルトン名古屋_ベッド ヒルトン名古屋_折り鶴 ヒルトン名古屋_デスク ヒルトン名古屋_ディレクトリ ヒルトン名古屋_キャンディ ヒルトン名古屋_ナイトテーブル ヒルトン名古屋_パネル ヒルトン名古屋_ミニバー ヒルトン名古屋_冷蔵庫 ヒルトン名古屋_金庫

今回の部屋は「エグゼクティブルーム」のキングタイプ。公式サイト から予約して21,600円。そこからHPCJ会員割引で20%オフになりました。

エグゼクティブフロアの宿泊時には下記の特典があります。

・エグゼクティブラウンジの利用(6:30~22:00)
・客室でのインターネット接続が無料
・7階フィットネスクラブの利用が無料
・プレスサービスが一着無料
・チェックアウトを午後3時まで延長

部屋の面積は30㎡と狭いし天井も低め。加えて窓枠にヒルトンらしい障子があるせいで開放感は低い。それでも真っ白なデュベとブルーの絨毯のおかげで明るさは保っています。

入ってすぐのところにはミニバーがあり、下部の扉を開けると冷蔵庫とセーフティボックスが入っています。アイロンが標準設置されているのは嬉しいです。

窓に向いたライティングデスクは広々としたもの。チェアもしっかりしていて使い勝手は良好でした。このあたりは「高級ビジネスホテル」たるヒルトンの名目躍如っていうところでしょうか。

窓際にはゆったり目のソファとウッディなテーブル。幅181cmのベッドはこれまたヒルトンらしい固めのマットレス。ホテルが言う「最上級の寝心地」には少し違和感を覚えます。

■一休.com:ヒルトン名古屋宿泊プラン■


【Bath Room】

ヒルトン名古屋_バスタブ ヒルトン名古屋_シンク ヒルトン名古屋_アメニティ

タイル貼りのバスルームはバスタブ・便座・シンクが同居した昔ながらのタイプ。新宿のヒルトンはシャワーカーテン代わりにスイングドアがついていますが、この部屋はペラペラのシャワーカーテンでした。また、シャンプー・リンス・ボディシャンプーはビジネスホテルみたいな大型のディスペンサー入り。ヒルトンはバスルームに力を入れないホテルチェーンですね。

■一休.com:ヒルトン名古屋宿泊プラン■


【View】

ヒルトン名古屋_眺望1 ヒルトン名古屋_眺望2 ヒルトン名古屋_眺望3 ヒルトン名古屋_夜景

客室は南北一直線に配置されていて、眺望は名古屋駅側と栄側の2サイド。今回の部屋は栄側でした。ビル越しにテレビ塔のアタマが見える程度で目立ったランドマークは無く、眼下には古い雑居ビルが多数。眺望では高層のマリオットに敵わない。

■一休.com:ヒルトン名古屋宿泊プラン■


【Club Lounge】

ヒルトン名古屋_クラブラウンジ1 ヒルトン名古屋_クラブラウンジ2 ヒルトン名古屋_カクテルタイム ヒルトン名古屋_朝食

「エグゼクティブラウンジ」は26階の名古屋駅側にあります(全席禁煙)。円卓が多くて2人卓は少なめ。広さはソコソコだけど、低い天井が気になります。利用客はカクテルタイム・朝食時ともに外国人が圧倒的に多かったです。

朝食はクラブラウンジのそれとしては十分な品揃え。でも料理のクオリティは今ひとつ。ハムやサラミ、サラダのレタスは乾燥していてパサパサだし、パンやコーヒーも美味しくありません。ただし提供時間が朝6:30から11:00までと長いのは嬉しいポイント。

カクテルタイムも夕方5:00から8:30までと他ホテルよりも長い。バーニャカウダやサンドウィッチ、野菜チップス、春巻きやケーキなどが提供されます。ビュッフェ台は狭いので、混み合うこの時間はちょっと辛いかも。


ホテル宿泊記一覧

ヒルトン名古屋公式サイトで予約する

一休.com:ヒルトン名古屋 宿泊プラン

じゃらんnet:ヒルトン名古屋 宿泊プラン

じゃらんパック:マイルとポイントがダブルで貯まる!

一休.comレストラン予約:王朝(広東料理)

一休.comレストラン予約:源氏(日本料理)

一休.comレストラン予約:ブラッセリー ザ・テラス(ビュッフェ)

« グランドハイアット東京宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記① »

中部のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルトン名古屋宿泊記:

« グランドハイアット東京宿泊記 | トップページ | ハイアットリージェンシー東京宿泊記① »