« ホテルJALシティ那覇宿泊記 | トップページ | ホテルブエナビスタ宿泊記 »

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記①

■2012年2月他宿泊:「プレミア・ルーム(ダブル)」

【Public Space】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_外観 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_メインエントランス ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_二階エントランス ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_二階EVホール ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_看板 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ロビー1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ロビー2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ロビー階EVホール ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_客室階EVホール ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_客室階廊下

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」は品川グランドコモンズの一角、品川イーストワンタワーに位置しています。ホテルの施設は26~32階に集約され、低層階にはエントランスがあるのみとなります。

品川駅に隣接しており、特に東海道新幹線の改札口からは近くて非常に便利な立地です。ただし、京浜急行は反対の高輪側なので結構歩きます。羽田空港を利用する時など、重い荷物を持って東西自由通路を歩くのはちょっと辛い。しかもチェックアウトが朝の通勤時間帯に重なると、ものすごい人の波に逆らって駅へ向かう羽目になります。

メインエントランスは1階ですが、品川駅からのアプローチは2階のエントランスへ。すぐ隣にはセブンイレブンとエクセルシオールカフェ。スタッフは不在でいかにも「オフィス棟の入口」という感じ。便利だけど高級感はありません。

この2階からロビーがある26階へ向かうエレベーター内には、いま何階あたりを上昇しているかが表示されていません。そのためスピードが遅く感じてしまいます。

到着したロビーは最上階までの吹き抜け。天窓から光が差し込むため日中はとても明るい。中央に架かる「ガラスの橋」を渡った先は2つのレストラン「ザ・ダイニングルームと「チャイナシャドー」があり、客室はロビーをぐるりと囲むように設置されています。この造りは「ホテルアソシア新横浜」や「東京ドームホテル札幌」に似ています。

フロントでは「おかえりなさいませ」の言葉と共に冷たいおしぼりが供されます。暑い時季には嬉しいサービスですね。そういえば、「ザ・リッツ・カールトン大阪」でもフロントに常備しているけれど提供はリクエストベース。毎回出せばいいのにと思います。

このホテルのフロントスタッフはいつも気持ちの良い対応をしてくれます。言葉では表現しづらいけれど、「ゲストとして歓迎されている」と感じさせてくれます。ホテルが掲げる「”ストリングス”のように、お客様のこころの琴線にふれるおもてなし」はちゃんと実践されていると思います。「ザ・ダイニングルーム」のスタッフは見習った方がいいですよ、マジで。

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■


【Room】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_クローゼット
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ミニバー1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ミニバー2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_冷蔵庫 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_テレビ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_デスク1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_デスク2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_リモコン ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ベッドルーム1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ベッドルーム2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ベッド1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ベッド2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ナイトテーブル ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ソファ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_アンバサダーキット ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ターンダウン

今回の部屋はスタンダードフロア27階の「プレミア・ルーム」。予約はデラックスルームでしたがアンバサダー会員特典でアップグレードしていただけました。

でも、ここは「全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)よりもハイグレード」というコンセプトで造られたホテルなので価格設定はいまだに強気。サービスはともかく、ハードの質感はイマイチなので、アップグレードされてようやく値段相応という気もします。

客室階へ通じるシースルーのエレベーターはセキュリティ機能つき。エレベーターホールに入るためにはルームキーが必要です。

このイーストワンタワーは概ね六角形をしていて、客室は中央の吹き抜けをぐるりと囲んで配置されています。廊下もガラス張りでロビーを見下ろせる造り。

今回のタイプの客室はコーナーに位置するためちょっと変わったレイアウト。ダブルとツインでもレイアウトは全く異なります。ドアを開けると正面に大きなクローゼットがあって、バスローブやセーフティボックスが納められています。アイロンが常備されているのは嬉しい。

側には床から天井まである大きな姿見があり、反対側にはミニバーと冷蔵庫。ここにもミラーが多用されています。ミニバーに置いてあるカップはWedge Woodでした。

そしてクローゼットの真裏がベッドルーム。この部屋の面積は38㎡だけど、クローゼットとバスルームが大きいのでベッドルームは数字よりも狭く感じます。

また、このクラスのホテルにしては天井高も低い。「デラックスルーム」は3mあるそうだけど、この部屋の天井はジャンプすれば届いてしまうほど。ただし窓がワイドなので圧迫感はありません。

デスクは大きくて使い勝手は良好。甲板の中央を持ち上げれば裏面が鏡になった収納スペース。そこに納められているのはレターセットやTVガイド程度。どうせならホテルディレクトリもデスクの上に置かず、ここに入れておけば良いのに。デスクチェアは革張りでキャスター付き。肘掛けは無く、ちょっと固い座り心地です。

テレビはソニー製「BRAVIA KDL-40EX500」。高い位置に設置されているためデスクからは見づらく、また角度が変えられないのでベッドからも斜めになって見づらい…。また、リモコンは純正品ではなくオリジナルなものに差し替えられていて、まるでエアコンのリモコンみたいに簡素なもので最低限の機能しかありません。EPGを観られないのはかなり不便でした。

ベッドは180cm幅でエースベッド製のマットレス。シーツの肌触りはザワザワしていてイマイチ。

奥まった狭いところは柱があってデットスペース気味。そこには一人用のソファが二脚と丸テーブルが置かれています。クッションはやけに小さく、オットマンが無いので今ひとつ寛げない。

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■


【Bath Room】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_バスルームの扉 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_シンク ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_アメニティ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_トイレ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_バスルーム ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_バスタブ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_シャワー

デスク横の引き戸を開けるとフローリングのパウダースペース。丸い形状のシンクはシングル。アメニティはインターコンチネンタル共通の「Elemis」。なぜかヘアブラシがありません。

トイレはシンク横にあるタイルが張られた壁の反対側。壁があるとはいえ、完全には隠れません。このパウダースペースは十分な広さがあるのに、なぜ個室にしなかったのか疑問です。

バスルームはガラス張りで洗い場つきタイプ。バスタブは幅が狭く、長さと深さはソコソコ。できればもうワンサイズ大きい物にして欲しかった。また、オーバーフローが低い位置にあり、洗い場つきなのにお湯を目一杯に溜めることができないのも残念。このバスルーム&パスダースペースは快適だけれど、詰めの甘さが少し目立ちます。

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■


【View】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望3 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望4 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望5 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_夜景1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_夜景2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_夜景3

ワイドな窓にはレースのシェードとシンプルなデザインのドレープがついていて、共に手動。眺望は高輪方面。中央には品川「プリンスホテル村」を臨み、末尾「11」番の部屋は遠くに東京タワーが見えます。真下には品川駅。もちろん電車も見えるけれど、「トレインビュー」というよりもむしろ「駅の屋根ビュー」。

高輪口にあった老舗の「京浜ホテル」はすったもんだの末に廃業・解体され、今はパチンコ屋になってしまいました。ネオンが鬱陶しいです。

なお、「11」・「09」番共に、隣接する「10」番の部屋と斜め上下の部屋の窓が視界に入るので要注意です。また、防音は今ひとつ。真下を走る電車の音がやや気になります。

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■

【Breakfast】
ストリングス東京_アメリカンブレックファースト

朝食はロビー階の「ザ・ダイニングルーム」でビュッフェか洋セットメニューです。和朝食やルームサービスにある「中華粥セット」は供されていません。ほとんどの方はビュッフェを選んでいましたが、僕は「アメリカンブレックファスト」をチョイス。

オムレツはプレーンで甘さ無し。見た目は美しいけれど、ふんわり感は今ひとつ。パンはクロワッサン・ほうれん草のデニッシュ・チョコレートマフィンの3種類。このパンはかなり酷い。特にクロワッサンはしんなりしていて不味い。

スタッフは大勢いる割に目が行き届いていません。食べ終わった皿がそのまま放置されている場面が多々ありました。動きはキビキビさに欠け、言葉遣いにも丁寧さが無い人が多い印象です。また、テーブルや椅子、カトラリーのメンテナンスはイマイチでキズが目立ちます。


ホテル宿泊記一覧

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記②

一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン

じゃらんnet:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:CHINA SHADOW(広東料理)

一休.comレストラン予約:THE DINING ROOM(洋食)

一休.comレストラン:品川周辺のレストランを探す

« ホテルJALシティ那覇宿泊記 | トップページ | ホテルブエナビスタ宿泊記 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

ほせ・かるぱっちょさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(^O^)実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)ほせ・かるぱっちょさんに仲良くしてもらえたら嬉しいです(o^-')b一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールください(^∇^)ココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(´∀`)まってるねえ(*゜▽゜ノノ゛☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記①:

« ホテルJALシティ那覇宿泊記 | トップページ | ホテルブエナビスタ宿泊記 »