« ホテル日航東京宿泊記 | トップページ | 京王プラザホテル多摩宿泊記 »

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー宿泊記

■2012年3月宿泊:「本館・プレミアムツイン」

【Public Space】

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_外観 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_エントランス ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ロビーの花 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_シーサー ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_エレベーターホール ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_階段のパネル ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_廊下のシーサー ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_プール ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_客室階のエレベーターホール ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_廊下

「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」(2013年2月1日「沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ」より改称)は沖縄県庁裏の小高い住宅街に建っています。那覇空港からは車で15分ほどと近く、ANAクルーのステイ先にもなっています。ゆいレールでアクセスする場合は壺川が最寄り駅となりますが、ホテルまでは坂道を上らなければならず、重い荷物を持っているときはちょっとキツい。

ホテルの建物は10階建ての本館と5階建ての南館の二棟があり、フロント、レストランやショップなど主要な施設は本館に設けられています。

エントランスを入ると、大きな蘭の花とシーサーがお出迎え。ここに限らず、館内にはシーサーをモチーフにしたアートが数多く飾られています。

今回は本館8・9階にあるプレミアムフロアを利用しました。「ザ・ナハテラス」のような専用ラウンジは無いけれど、「ロビーラウンジ」でコンチネンタルブレックファースト(5月からは現在改装中の「スターライト」に変更)やカクテルタイムのドリンクサービスが受けられます。ただチェックインの際、そういった説明は全く無かったのが残念です。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン■


【Room】

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_全景 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ルームキー ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_デスク ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_TV ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ルームウェア ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ソファ ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ミニバー ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ミニバーアップ ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_マグカップ ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_冷蔵庫 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_クローゼット ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_ベッド

今回の部屋は「プレミアムツイン」。このプレミアムツインには30㎡と25㎡の2タイプがあります。面積だけではなく、バスルームが前者は洗い場付きで後者はユニットという大きな違いがあるのに料金は一緒。予約時に指定はできず、あくまでリクエストor先着順なんだそう。今回は9階の角部屋、運良く30㎡タイプにアサインされました。

ドアを開けるとすぐ右側にバスルームの引き戸があります。ベッドルームへのアプローチ部分はフローリングで幅がすごく狭い。

内装はダークブラウンを基調としていて、イメージは「アジアンブリーズ」だそう。確かに照明や鏡に施されているデザインはなんとなくリゾートっぽい。カーペットもブラウンで厚手のもの。

デスクは「ハイアットリージェンシー東京のクラブルーム」のように中央が丸くせり出したデザイン。ダウンライトに加えてアームスタンドもあって明るさは十分です。デスクチェアはキャスター付きで肘掛け無し、座り心地が固いタイプ。

窓側にはクラウンプラザ共通の「スリープアドバンテージ」キットと花瓶が置かれていますが、そこにあるのは造花で心底がっかり。そういえばエレベーターホールにあるのも造花でした。

テレビはシャープ製「Aquos LC-32D10」。VODシステムが充実しています。でも「世界の亀山モデル」っていうステッカーは剥がして欲しい。

窓側にはラウンドテーブルと一人がけのアームチェア。このチェアはしっかりと沈み込むタイプで座り心地は上々。

ベッドはシモンズ製マットレス。幅は110cmと少し物足りないものの、適度な柔らかさがあって快適です。2つのベッドは離して置かれているけれど、簡単に動かせるのでハリウッドツインとして使うこともできます。

ナイトテーブルは両サイドに。シンプルなデザインだけどサイズは大きめだしコンセントもあって便利。パジャマはワッフル地のワンピースタイプ。

ベッドの横はクローゼット。アイロンとズボンプレッサーが用意されています。もちろん使い捨てスリッパもあり。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン■


【Bath Room】

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_シンク ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_アメニティ ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_バスルーム外観 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_バスタブ

引き戸を開けるとシンクとトイレ。シンクは小振りでアメニティは最小限な印象。

奥にあるウェットスペースはガラス張りで洗い場つき。壁は大理石でバスタブ横はブルーの細かいタイル張り。照度も十分です。

バスタブの大きさはそこそこ。オーバーフローがあるため湯を溢れさせることはできません。シャワースペースはやや狭く、立ったままシャワーを浴びるとバスタブにまで水が及ぶので注意が必要です。使い勝手の良さは「リーガロイヤルグラン沖縄」や「ロワジールスパタワー那覇」の方が上ですね。

シャンプー類はクラウンプラザ系共通のもので大きめのボトル入り。バスローブはありません。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン■


【View】

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_眺望
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー_夜景

プレミアムツインの30㎡タイプは全て沖縄県庁・久茂地サイド。窓は下部20センチ程が別ガラスになっていて、わずかに開き外気を取り入れることができます。高台にあるため眺めは開けていますが、「ハーバービューホテル」なのにハーバーは見えず…。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン■


【Breakfast】

ロビーラウンジのコンチネンタルブレックファーストではなく、朝6時から営業している「プランタン」での和洋ビュッフェをいただきました。宿泊者割引が適用されて1,800円。

ホットミールは充実しています。ベーコンはソフトとカリカリの2種類、ハッシュドポテトやサツマイモチップス、コーンスープ、焼きそば、ゴーヤチャンプルー、蒸し野菜、スクランブルエッグなどがありました。オムレツとフライドエッグは目の前で調理してくれます。逆にコールドミールの品揃えは少なめで、ペラペラなサーモン、もずく程度のもの。海ぶどうはありませんでした。

味は全般的に今一歩。オムレツはふっくらさが欠けているし、クロワッサンはフニャフニャ、ヨーグルトは明治の既製品、ジュースはフレッシュではありませんでした。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン■


【Impression】

那覇市内で最も格式のあるホテルといえばやはりここ。政財界の利用も多いようです。大きなバンケットを備え、団体客も受け入れているためロビーはいつも混雑しています。

国内外のVIPの迎賓ホテル」と自称する割に接客は事務的でイマイチな印象だし、フロントでの手続きはたどたどしく、顧客情報を読み出すのにやたらと時間がかかりました。また、チェックアウト時には明細書を封筒に入れてくれなかったり、ベルは玄関まで誘導してもタクシーの出発を見送らずに立ち去るなど、微妙な対応が多々見られました。ホスピタリティでは「ザ・ナハテラス」には遠く及びません。

ただし、客室はバスルームを含め、思いのほか快適。割り切った滞在ならば利用価値は十分にあると思います。


ホテル宿泊記一覧

一休.com:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 宿泊プラン

じゃらんnet:ANAクラウンプラザ沖縄ハーバービュー 宿泊プラン

一休レストラン予約:沖縄県のレストランを探す

« ホテル日航東京宿泊記 | トップページ | 京王プラザホテル多摩宿泊記 »

九州・沖縄のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー宿泊記:

« ホテル日航東京宿泊記 | トップページ | 京王プラザホテル多摩宿泊記 »