« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記 | トップページ | フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記② »

フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記①

■2012年4月他宿泊:「スーペリアキング・ガーデンビュー」

【Public Space】

フォーシーズンズホテル椿山荘東京_神田川から フォーシーズンズホテル椿山荘東京_庭園から フォーシーズンズホテル椿山荘東京_三重塔 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_庭園の橋 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_恵比須像 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ゲート フォーシーズンズホテル椿山荘東京_メインエントランス フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ロビー1 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ロビー2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ロビー3 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シーズンズビストロ前の廊下1 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シーズンズビストロ前の廊下2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_宴会場階のEVホール フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ロビー階のEVホール フォーシーズンズホテル椿山荘東京_客室階のEVホール フォーシーズンズホテル椿山荘東京_客室階の廊下

「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」へは、JRの目白駅からタクシーで田中角栄氏の「目白御殿」前を通って7~8分。地下鉄有楽町線の江戸川橋駅からは急坂を登って徒歩10分程です。駅からは離れているし、東京駅や羽田空港へは遠いのでアクセスは良くありません。

目白通りを曲ってからエントランスに至るアプローチは長く、高級ホテルらしさが現れていて心躍ります。エントランスを抜けてすぐ目につく右側のカウンターはフロントではなくクローク&ベルキャプテンデスクです。正面に広がるロビーはラグジュアリー感溢れるゆったりとした造り。生花や花瓶が数多く置かれ、オリエンタルなムードが漂っています。木目と花柄を上品に組み合わせた内装は、どことなく「ザ・リッツ・カールトン大阪 」に通じるもの。(開業は当ホテルの方が先ですが)

ロビーの奥にはアフタヌーンティーセットで有名な「ル・ジャルダン」があって、右に進むと隣接する椿山荘に連絡しています。

フロントは左側の奥まったところにあって意外に小さい。応対するスタッフは3人程度しかいないため、時間帯によっては順番待ちになります。それでも行列を作らせるなど無粋なことはせず、スタッフに名前を告げてソファに座って待っていれば順に案内されます。

チェックインの手続きは淡々としたものですが必要事項などはきっちりと案内されるので不満はありません。でも手渡されたルームキーは平凡なカードキー。このホテルには重い鍵が似合うのに。

ロビー階のエレベーターホールはグリーンの大理石をふんだんに使い、天井にはシャンデリア。とってもゴージャスですね。

■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■


【Room】

フォーシーズンズホテル椿山荘東京_廊下の表示 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_カードキー フォーシーズンズホテル椿山荘東京_客室全景 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ホワイエ フォーシーズンズホテル椿山荘東京_冷蔵庫 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_クローゼット フォーシーズンズホテル椿山荘東京_照明 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_TV1 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_TV2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_チェスト フォーシーズンズホテル椿山荘東京_デスク フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ソファ フォーシーズンズホテル椿山荘東京_P1050011 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ベッド2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_ベッドサイド フォーシーズンズホテル椿山荘東京_Dscn4316

今回の部屋は9階の「スーペリアキング・ガーデンビュー」。このホテルには広大な庭園を見渡す「ガーデンビュー」と目白台の街並みを望む「シティビュー」の2つがあり、ガーデンビューの方が7,000円ほど高い設定になっています。

このスーペリアルームはスタンダードな客室ですが、それでも45㎡と十分な広さを持っています。逆に「デラックスルーム」は無駄なスペースが多い気がするので、これくらいの広さがちょうど良いと思います。

室内はオフホワイトとグリーンを基調としたナチュラルな内装で天井も高い。大きくせり出した窓からは明るい陽射しががたっぷりと差し込みます。

開業から20年を迎え、壁や家具などには若干の経年感が滲みますが、メンテナンスはきっちりとなされているので不快に感じることはありません。

大きなアーモアにはシャープ製液晶テレビ「LC-32GD3」、ビクター製DVDプレーヤー「XV-P303」、そしてONKYO製のMDコンポを収納。テレビは台を引き出して少しだけ角度を変えられますが、部屋が広いだけに32インチではやや物足りない。

デスクは大型、チェアもクッションが効いていて仕事が捗ります。ただ、スイートとは違って壁に向いているのは残念。庭園を見ながらのデスクワークはオツなのに。インターネット接続は無料でWi-Fiも完備。ガーデンビューの部屋ではWiMAXも問題無し。

窓際には一人がけのソファが2脚、窓に背を向けて置かれています。オットマンはありませんが、それを補うばかりにフカフカで座り心地は大変良い。

ベッドのベッドスローは和のテイスト。マットレスは183cm幅のシーリー製。ぐっと沈み込み、シモンズ製マットレスよりも柔らかい。好みの分かれる寝心地だけど、僕は大好きなベッドの一つ。リネンの肌触りも上質です。

客室係にアイロンを借りると、アイロン台はもちろんの事、アイロン糊まで持ってきてくれます。頼んでもいないのに糊を持ってきてくれるホテルはここ以外に知りません。ターンダウンは二人がかり。あっという間に終わってびっくりしました。

■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■


【Bath Room】

フォーシーズンズホテル椿山荘東京_バスタブ フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シャワーブース フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シンク フォーシーズンズホテル椿山荘東京_テレビ フォーシーズンズホテル椿山荘東京_トイレ フォーシーズンズホテル椿山荘東京_アメニティ1 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_アメニティ2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_アメニティ3 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_石鹸 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_水圧は高い フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シャワージェル フォーシーズンズホテル椿山荘東京_シャンプー類

大理石の壁に囲まれた明るいバスルームはどのグレードの部屋でもほぼ同じ造り。シャワーブースはバスタブの隣に設置されていて、トイレは個室タイプです。

シンクはシングルだけど広々としていて使い勝手は良い。シンク上のテレビ、以前はソニー製のトリニトロンでしたが、地デジ化と共に変更されて現在はエスケイネット製の13.3インチ液晶。シンクに置くには大きすぎるし、バスタブから見づらい角度なのは相変わらず。バスタブ正面にシャワーブースがあるため置き場所が無いのは分かるけれど、もう一工夫ほしいところ。

バスタブは大きく、深さもあってかなり快適。注意書きが添えられる程に水圧は高く、あっという間にお湯が溜まる。ハンドシャワーもあるけれど、シャワーカーテンが無いのでバスタブを洗い流す以外に用途はあまり無い。

アメニティはロクシタン。固形石鹸やバスジェルなどは「ヴァーベナ」なのにシャンプーは「プロヴァンスアロマ」というラインです。その他のアメニティはやや平凡な品揃え。ブラシは無くてコームのみ。ゆっくり楽しめるバスルームなんだから入浴剤くらいは置いてほしい。

■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■


【View】

フォーシーズンズホテル椿山荘東京_庭園ビュー1P1050152
フォーシーズンズホテル椿山荘東京_庭園夜景 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_庭園ビュー2 フォーシーズンズホテル椿山荘東京_隣室の窓

ガーデンビューの客室からは広大な庭園を望みます。欲を言えばバルコニーがほしいところですが、大きな窓越しでも十分な癒し効果があると言えるでしょう。

山縣有朋が造り上げたこの庭園の広さは約2万坪。園内には勾配が多数あり、一回りすれば良い運動に。桜はさほど多く無いため、この時期より新緑や紅葉、蛍が舞う時期がオススメです。

この日はエレベーターホールを出て右側、正面玄関や目白通りに近い客室にアサインされました。ここからだとホテル低層階の屋根が視界にかなり入ります。その屋根にも木が植えられていてガーデン風。無機質な眺めでは無いけれど、神田川により近い部屋の方が「ガーデンビュー」を堪能できると思います。

また、三重塔や庭園がライトアップされるとはいえ夜景は迫力に乏しい。高層階よりも昼景を間近に楽しめる低層階の方が良いかもしれません。

窓というか部屋の先端部分は大きくせり出しているためワイドな眺望を楽しめる反面、隣室や斜め上下部屋がよく見えます(苦笑)。

窓のカーテンはドレープのみ電動でレースは手動。最初は「中途半端だなぁ」と感じたけれど、寝起きの誤操作で恥ずかしい姿を晒してしまわぬよう、あえてそうしているのかもしれません。

■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■


【Breakfast】

椿山荘東京_オムレツ 椿山荘東京_パン

朝食はメインダイニング「イル・テアトロ」と2階の「日本料理 みゆき」で提供されています。今回は「イル・テアトロ」を利用しました。広大な庭園は朝が一番気持ちの良い眺め。でも当店に窓側の席は少ないので、窓側をキープできなかった場合は食後の散策がオススメです。



店内の照度はやや控え目で朝でもやや暗い。中央には大きな生花も飾られてゴージャス感は十分です。もちろん朝食でも真っ白なクロスがかけられています。外国人比率・パワーブレックファースト率共に高く、7時台でも結構混んでいました。

当店の朝食はセットメニューのみ。やはりホテルの優雅な朝食はこれに限ります。騒がしいビュッフェなんて嫌なのです。なお、エッグベネディクトはアラカルトです。

いただいたのは「アメリカン・ブレックファースト」で、卵料理はオムレツにソーセージ添え、パンはモーニングベーカリーを選択しました。


オムレツは美しいプレーン。ほど良いトロトロさで甘さ控えめなのも嬉しいポイント。付け合わせはフライドポテト、ソテーしたトマト、そしてなぜかタケノコ。ソーセージは結構なビッグサイズだけど、プリプリ感は今ひとつ。

パンはクロワッサン、マフィン、それに甘いシナモンロールの3種類。クロワッサンは「ザ・リッツ・カールトン大阪」のプレミアムクロワッサンに軍配です。

「日本料理 みゆき」の和朝食についてはこちらで。

■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■

【Spa&Fitness】
2階のスパとフィットネスジムについてはこちらで。



■一休.com ホテル椿山荘東京 宿泊プラン■

【Impression】
このホテルは大のお気に入り。「ホテルニューオータニ」や「グランドプリンスホテル高輪」など、庭園をウリにするホテルは数多くあるけれど、都内では当ホテルのガーデンビューが一番だと思います。

アクセスに難があるとはいえ、逆に言えば人も少ないのでリゾート感をじっくりと満喫できます。ただし、週末は椿山荘を含めて多くの婚礼が行わるため、ロビー周辺は大変混雑します。この日はそれに加えて桜が満開の週末。ロビーだけでなく庭園や神田川沿いの道も凄まじい人だかりでした。当ホテルの利用は平日に限る。

「2012年12月末をもってフォーシーズンズホテル&リゾーツとの提携を終了」という衝撃的なニュースが流れてから4ヶ月が過ぎました。藤田観光による単独運営となってどう変わるのかは分かりませんが、このホテルのもつ重厚な雰囲気はいつまでも保ってほしいもの。朝食バイキングだけは止めてくれ!


ホテル宿泊記一覧

フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記②

一休.com:ホテル椿山荘東京 宿泊プラン

じゃらんnet:ホテル椿山荘東京 宿泊プラン

一休レストラン:イル・テアトロ(イタリア料理)

一休レストラン:カメリア(フランス料理)

一休.comレストラン予約:みゆき(日本料理)

一休レストラン:石焼料理 木春堂(焼肉・鉄板焼き・肉料理)

一休レストラン:ル・ジャルダン(ロビーラウンジ)

« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記 | トップページ | フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記② »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記①:

« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記 | トップページ | フォーシーズンズホテル椿山荘東京宿泊記② »