« ザ・ナハテラス宿泊記① | トップページ | シャングリ・ラ ホテル東京宿泊記① »

ザ・ナハテラス宿泊記②

■2012年5月宿泊:「エグゼクティブスイート(タイプ1)」

【Room】

ザ・ナハテラス_客室全景 ザ・ナハテラス_ベッド ザ・ナハテラス_クローゼット ザ・ナハテラス_チェスト ザ・ナハテラス_スリッパ ザ・ナハテラス_デスク1 ザ・ナハテラス_デスク2 ザ・ナハテラス_AV機器 ザ・ナハテラス_ソファ ザ・ナハテラス_ウェルカムフルーツ ザ・ナハテラス_ミニバー ザ・ナハテラス_冷蔵庫

今回の部屋は「エグゼクティブスイート」。各フロアの先端、メインエントランスの真上にあたる「01」と「02」番、それにパークビューの「04」番です。

エグゼクティブスイートはクラブフロアに属しているものの、客室は9・10階だけでなく全フロアに設けられていて、今回は7階の701号室。この部屋は隣接するツインルームとコネクティングになっています。

ドアを開けると正面にバスルーム、左側にコネクティングドアがあって、右に進むとリビングスペースという少し変わったレイアウト。クローゼットは広々としたウォークインタイプ。チェストはベッドルームには無く、ここに置かれています。

室内はリビングとベッドルームが1つになったワンルームスイート。面積は50㎡なので「スイート」と言う大袈裟なものではなく、いわば「ジュニアスイート」級。それでも「クラブツイン」に比べると窓が一回り大きいので開放感はかなり高いです。

せり出した窓際には大きめのデスクが置かれています。ツインルームには無い装備でとても便利。ただしデスクチェアは肘掛けが無く、座り心地もやや固いので長時間のデスクワークは少々辛いかもしれません。

テレビは一般的な液晶テレビではなく、パイオニア製の「プラズマディスプレイシステム」。ディスプレイはベッドサイドの壁に掛けられていて、窓際の棚にメディアレシーバーとDVDプレーヤー「DV-464」が置かれています残念ながら画質はアナログレベルで視聴可能なチャンネル数も少ない。「一昔前のハイグレードモデル」という印象が強い。

ベッドは一般的なツインタイプ。他部屋のようなハリウッドツインではありません。ちょっと期待したけれど、マットレスは他部屋と同じフランスベッド製…。

リビングスペースにはゆったりとしたソファとミニバー。テーブルの上にはフラワーアレンジメントが置かれ、部屋に入って程なくカットフルーツが届けられました。

リゾートらしいラタンのソファはマットレスの弾力が弱くて座り心地は「ホテル椿山荘東京」の方が上。

ミニバーや冷蔵庫の品揃えはクラブツインと同じ。ただしホテル公式サイトから予約するとこれらは全て無料という太っ腹ぶり。

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【Bath Room】

ザ・ナハテラス_ベッドルームから
ザ・ナハテラス_全景 ザ・ナハテラス_トイレ ザ・ナハテラス_バスローブ ザ・ナハテラス_シンク ザ・ナハテラス_アメニティ ザ・ナハテラス_バスタブ ザ・ナハテラス_シャワーブース

この部屋のバスルームもゴージャスな総大理石張り。手前にシンクがあって、その対面が個室トイレ。奥に進むとバスタブがあり、左側にシャワーブースという縦長の造りになっています。トイレが同居している点はクラブツインの不満だったので、個室になっているのは嬉しいです。

シンクは広々としたトップを持っていて使い勝手はとても良い。もちろんスツールつき。壁の凹んだ部分は据え付けのドライヤーがあったスペースでしょうか。アメニティはクラブツインとほぼ同じ。体重計がある程度の違いです。

斜めに配置されたバスタブは少し大きめ。ルーバー状の扉を開け放てば、ベッド越しに外光が差し込みます。脇にはバスタブと同じ高さの広いスペースが確保されていて、本や飲み物などを置けるので長湯にも向いています。

バスタブからはテレビを観られますが、斜めからになるため実際には「音を聞くだけ」と考えた方が良いでしょう。

シャワーブースには「マンダリン オリエンタル東京」と同じくドアがありません。入口部分に排水口があるとはいえ、フロアに水が多少漏れてしまいます。ガラスの扉を設けたところで開放感が落ちるとは思えないのですが…。

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【View】

ザ・ナハテラス_眺望1
ザ・ナハテラス_正面玄関前に建つ教会 ザ・ナハテラス_眺望2 ザ・ナハテラス_眺望3

窓はクラブツインよりもワイドで眺望が開けています。正面玄関下の急坂も良く見え、「パークビュー」と「シティビュー」両面の眺めを楽しめます。

今回は中層階の部屋でしたが隣接する教会の屋根がやや気になる程度で問題なし。ただし現在、坂の途中に13階建てマンションの建設が進められています。完成すればこの部屋もしくはシティビューの低~中層階の眺めが遮られるかもしれません。


【Club Lounge】
ザ・ナハテラス_エントランス
ザ・ナハテラス_レセプション ザ・ナハテラス_ラウンジの様子 ザ・ナハテラス_テラス ザ・ナハテラス_朝食1 ザ・ナハテラス_朝食2 ザ・ナハテラス_朝食3 ザ・ナハテラス_カクテルタイム

クラブラウンジは2階にあります。室内はウッディで南国リゾートらしさ満点です。奥にはソファとライブラリーがあり、さらにその奥にはPCコーナーと会議室も備わっています。最近になって無線LANも完備されました。

このラウンジはいつも空いているので、他ホテルのクラブラウンジのように満席だったり、ビュッフェ台に行列ができるなんていうことはありません。

カクテルタイムのフードは、魚介のマリネやキッシュ、生春巻き、ローストビーフやスモークサーモン、サラミ、フルーツなどが中心。お腹に溜まるようなものはありませんが、一つ一つのクオリティはなかなかのもの。ただ、このカクテルタイムが終了する20:00でラウンジもクローズしてしまうのは残念。レストランで食事をした後、コーヒーくらいは飲みたいもの。


【Breakfast】
クラブフロアに宿泊の場合は朝食券が渡され、クラブラウンジのほか「真南風」・「ファヌアン」の利用ができ、ランチやラウンジ「マロード」のアフタヌーンティーセットに振り替えも可能です。選択肢が多いので長期滞在でも飽きることはありません。

真南風での朝食は和定食となり、ご飯は白米かお粥を選択。ファヌアンではサラダ・パン・ヨーグルトなどはビュッフェ方式、玉子料理は5種類から選べるアメリカンブレックファーストが供されます。

オススメはクラブラウンジ。玉子料理はゆで卵のみだけど、それ以外のビュッフェはファヌアンと同等もしくはそれ以上。スモークサーモンやハム、海ぶどうなどファヌアンには無いものもあります。それになんと言っても、ラウンジは空いているのでゆったりと食べられるのが嬉しい。
(2015年4月追記:クラブラウンジの朝食は、海ぶどうやソーセージや温製料理が無くなって非常に簡素化されてしまいました。)

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【Impression】

客室は「スイート」と言うほどの広さは無いし、ベッドの寝心地も今ひとつ。それでも部屋の開放感はやはりワンランク上だし、広々としたバスルームは「グランドハイアット東京」のそれとは違った快適さがあります。

「クラブツイン」との差額は約12,000円/泊。クラブツインでも申し分ない滞在ができるけれど、財布が許せばまた利用したい客室でした。


ホテル宿泊記一覧

ザ・ナハテラス宿泊記①

一休.com:ザ・ナハテラス 宿泊プラン

じゃらんnet:ザ・ナハテラス 宿泊プラン

じゃらんパック:JALマイルとポイントがダブルでたまる!

« ザ・ナハテラス宿泊記① | トップページ | シャングリ・ラ ホテル東京宿泊記① »

九州・沖縄のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ナハテラス宿泊記②:

« ザ・ナハテラス宿泊記① | トップページ | シャングリ・ラ ホテル東京宿泊記① »