« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記① | トップページ | ザ・プリンス さくらタワー東京宿泊記 »

ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記②

■2012年9月他宿泊:「クラブスーペリア・ダブル(コーナータイプ)」

【Room】
ザ・リッツ・カールトン大阪_ミニバー~ベッドルーム ザ・リッツ・カールトン大阪_ミニバー~バスルーム ザ・リッツ・カールトン大阪_クローゼット ザ・リッツ・カールトン大阪_全景 ザ・リッツ・カールトン大阪_ベッド ザ・リッツ・カールトン大阪_全景2 ザ・リッツ・カールトン大阪_目覚まし時計 ザ・リッツ・カールトン大阪_テレビ ザ・リッツ・カールトン大阪_デスク ザ・リッツ・カールトン大阪_引き出し ザ・リッツ・カールトン大阪_ミニバー ザ・リッツ・カールトン大阪_冷蔵庫

今回は少し変わったレイアウトの部屋。エレベーターを降りてすぐの場所に位置する末尾「11」と「12」の部屋がそれ。34階はちょうどこの部分がクラブラウンジになっています。北側の「01」と「02」も似たような形だけど、こちらは部屋の広さや室内のレイアウト、調度品が若干違います。

客室は概ねV字型で一方にベッドルーム、反対側にバスルームが配置され、両者の間を横長のホワイエが結んでいます。クローゼットはこのホワイエのバスルーム側にあります。「11」番は冷蔵庫は通常の部屋と逆の「左開き」。

ベッドルームは説明が難しい多角形をしていますが、通常の「クラブスーペリアルーム」よりも少しゆったり。他のホテルならば「ジュニアスイート」として販売していても不思議では無い広さを持っています。ただ複雑なその形状ゆえソファは一脚しか置かれていないのが残念。

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■


【Bath Room】

ザ・リッツ・カールトン大阪_バスルーム
ザ・リッツ・カールトン大阪_バスタブ ザ・リッツ・カールトン大阪_シンク ザ・リッツ・カールトン大阪_クナイプ ザ・リッツ・カールトン大阪_シャワーブース ザ・リッツ・カールトン大阪_トイレ

「12」番の部屋は他のスーペリアタイプと同じですが、「11」番は右側にバスタブ、左側にシャワーブース&個室トイレが配置されています。もちろん使い勝手に差はありませんが、「左側がバスタブ」に慣れているので、はじめは違和感がありましたね。

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■


【View】

この部屋の最大の特長はデラックスルームと同じく窓が二面になっていること。通常のスーペリアルームはどうしても左右の視界が若干遮られるため、この開放感はとても嬉しい。この部屋からの眺めはクラブラウンジと同じです。

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■


【Impression】

通常のスーペリアに比べて部屋は広く、眺望もワイドなためお得感は高い。このタイプの部屋数は少ないので、アサインされたらラッキーですね。

ただしこの部屋には2つほど気になる点があります。その1つ目は音。エレベーターホールに近いため、ゴーッという稼働音が他のタイプよりも少し耳障りです。2つ目は空調。エアコンの風がベッド、つまり寝ていると体に直接当たる構造です。体調が優れないときなどは要注意です。



ホテル宿泊記一覧

ザ・リッツ・カールトン・大阪宿泊記①

一休.com:ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン

るるぶトラベル by JTB:ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ・ベ(フランス料理)

一休.comレストラン予約:花筐(懐石・鮨・天ぷら・鉄板焼)

一休.comレストラン予約:香桃(中国料理)

一休.comレストラン予約:スプレンディード(イタリア料理)

一休.comレストラン予約:ザ・リッツ・カールトン大阪周辺のホテルを探す

« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記① | トップページ | ザ・プリンス さくらタワー東京宿泊記 »

関西のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記②:

« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記① | トップページ | ザ・プリンス さくらタワー東京宿泊記 »