« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記② | トップページ | リーガロイヤルホテル東京宿泊記 »

ザ・プリンス さくらタワー東京宿泊記

■2012年7月宿泊:「コーナーダブルルーム」

【Public Space】
ザ・プリンスさくらタワー東京_外観1 ザ・プリンスさくらタワー東京_高輪プリンスホテル貴賓館 ザ・プリンスさくらタワー東京_プレート ザ・プリンスさくらタワー東京_フロント ザ・プリンスさくらタワー東京_ロビー ザ・プリンスさくらタワー東京_1階廊下 ザ・プリンスさくらタワー東京_公衆電話が並んでいます ザ・プリンスさくらタワー東京_階段 ザ・プリンスさくらタワー東京_1階エレベーターホール ザ・プリンスさくらタワー東京_客室階エレベーターホール ザ・プリンスさくらタワー東京_客室階廊下 ザ・プリンスさくらタワー東京_客室ドア

「ザ・プリンス さくらタワー東京」は品川駅前に広がるプリンスホテル密集地の一角に位置しています。第一京浜を曲がり、「グランドプリンスホテル高輪」へ向かう道は「さくら坂」と呼ばれ、毎年春には桜が咲き乱れて美しい坂道になります。

そのさくら坂沿いにあるのが当ホテルの車寄せ。タクシーで到着すると、待機していた女性スタッフはとても気持ちの良い笑顔を見せてくれました。エントランスは渡り廊下のような屋根がついた階段を上がったところ。まるで通用口みたいなアプローチでラグジュアリー感は全くありません。

チェックインの手続きは弧を描くカウンターで行いますが、そのカウンターは内側のバックヤード部分が丸見えで汚らしい。かつて「高輪プリンスホテル さくらタワー」と称していた頃は、庭園に面したラウンジでウェルカムドリンクを飲みながら手続きをしたはずなのに、いつの間にか普通の方式に変わっていたようでちょっと悲しい。

フロントの脇には大理石張りの長い廊下があり、右側は「さくらラウンジ」というどこかで聞いたことのある名前のラウンジ、左側には3軒のショップが並んでいます。

廊下の最奥にあるエレベーターホールは薄暗く、クラシカルなシャンデリアが吊されています。エレベーターが到着すると頭上のピンスポットライトが点灯する仕組みはデパートのよう。カゴは庭園を望むガラス張りのシースルー型。床は大理石でドーム型の天井は金箔張りとお金をかけていますが、ドアにも楕円形の窓が2つあって公団住宅のエレベーターみたいです。

客室階の廊下はグリーンのカーペット敷き。夜はジャズっぽい音楽、朝は小鳥のさえずり音がずっと流れています。以前、この廊下の照明はセンサー式だったと記憶していますが、現在は常時点灯になっていました。

■一休.com ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン■


【Room】
ザ・プリンスさくらタワー東京_ホワイエ ザ・プリンスさくらタワー東京_ラゲッジ台 ザ・プリンスさくらタワー東京_チェスト ザ・プリンスさくらタワー東京_クローゼット ザ・プリンスさくらタワー東京_全景1 ザ・プリンスさくらタワー東京_全景2 ザ・プリンスさくらタワー東京_アームチェア1 ザ・プリンスさくらタワー東京_テレビ ザ・プリンスさくらタワー東京_テレビ下 ザ・プリンスさくらタワー東京_冷蔵庫 ザ・プリンスさくらタワー東京_ドレッサー兼デスク ザ・プリンスさくらタワー東京_カップ類 ザ・プリンスさくらタワー東京_ベッド ザ・プリンスさくらタワー東京_ナイトテーブル ザ・プリンスさくらタワー東京_トイレ

今回の部屋は各フロアに1室だけある「コーナーダブルルーム」。この部屋はエレベーターから最も遠い位置にあるため、エントランス→エレベーターホール→客室と歩き、建物をちょうど一往復したことになります。それでも「グランドハイアット福岡」や「グランヴィア京都」に比べれば大した距離ではありません。

ドアを開けてすぐのところにある個室トイレは一人暮らしのアパート並に狭いものちょっと息苦しい。

ホワイエにはラゲッジ台兼チェストが置かれ、引き出しには浴衣が納められています。チェストはここにしか無い割に収納力は乏しく、しかも低い位置にあるので使い勝手も今ひとつ。

ラゲッジ台の脇は安っぽいドアのクローゼット。スリッパはビジネスホテルで見かけるウォッシャブルタイプ。使い捨てではありませんでした。

ベッドルームは1/4円形でワイドな窓が開放感を思いっきり高めています。この部屋の面積は39.84㎡と通常の「ダブルルーム」(46.07㎡)より狭いのですが、窓の効果で実際には広く感じました。

リビングスペースには一人がけのソファが2脚と少しチープな丸テーブル。ソファの背もたれには今時珍しくレースが掛けられていました。

壁際には横長のライティングデスク。といっても目の前は三面鏡でドライヤーも置いてあるので、どちらかと言えばドレッサー用途でしょうか。スタンドライトは無く、三面鏡上部のライトだけでは不十分だし、チェアも肘掛けが無いタイプでハードワークにはあまり適さない気がします。

デスクの右端には電気ポットとスナック類が置かれ、その下の戸棚を開けると安っぽいグラスとコーヒーカップ、湯飲みがトレイに載せられていました。このあたりの貧弱さはビジネスホテルと同等レベル。

テレビは三菱電機製の「LCD-32H9000X」。その下部は冷蔵庫とセーフティボックス。冷蔵庫はミニマムサイズで収納ペースは小さい。

ベッドはフランスベッド製210cm幅のマットレスを使用。床からの高さはわずか40cm。寝心地は固いしシーツの肌触りもザラザラ。残念ながら「大きいだけが取り柄」という印象です。

■一休.com ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン■


【Bath Room】
ザ・プリンスさくらタワー東京_バスルーム全景 ザ・プリンスさくらタワー東京_バスタブ ザ・プリンスさくらタワー東京_シャワーブース ザ・プリンスさくらタワー東京_シンク ザ・プリンスさくらタワー東京_ドレッサー ザ・プリンスさくらタワー東京_アメニティ

ホワイエとバスルームとの間に段差は無く、扉は曇りガラス窓のついたスライドドア。バリアフリーと言えば聞こえは良いけれど、病院の扉みたいで高級感はありません。

プリンスホテルのバスルームといえば、こんな感じの狭いユニットバスが定番。しかし、このホテルはフラッグシップホテルとして造られただけに他のプリンスとは一味違います。スペースは広々としており、床やシンクには大理石を用い、シャワーブースも備えています。

バスタブ奥の窓からはメインエントランス前に建つ「高輪コート」くらいしか臨めませんが、それでも閉鎖的な他プリンスのユニットバスとは雲底の開放感。また、このバスルームは照明が弱くて日中でも薄暗いため「明かり取り効果」も絶大です。

バスタブはブロア機能つきのJAXON製。バスピローも用意されています。ただ窓付近にはゆとりがあるので、もう少し長さのあるものを置いてほしかった。

シンクはダブルシンク。スツールの使用を前提にしているのか、立ったままでは位置が低すぎて使いづらかった。また、バスタブからはシンク下の配管が見えてしまうのも汚ならしい。このあたりの不徹底ぶりはプリンスだなぁと感じます。

シンクの対面には独立したドレッサーが設けられています。ドライヤーは壁にくっついたタイプ、アメニティは「Ashford&Hall」とポーラ「アロマエッセ」のスキンケアセット。ブルーとピンクの巾着袋つきです。バスソルトが2種類あるのは嬉しいし、ウェットティッシュやバンドエイドはなにかと便利。

■一休.com ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン■


【View】
ザ・プリンスさくらタワー東京_眺望1 ザ・プリンスさくらタワー東京_眺望2 ザ・プリンスさくらタワー東京_バスルームからの眺望 ザ・プリンスさくらタワー東京_夜景1 ザ・プリンスさくらタワー東京_夜景2 ザ・プリンスさくらタワー東京_夜景3

窓は部屋をぐるりと囲むようにカーブを描く6枚の窓。うち2枚は開けて外気を取り入れることができますが、残念ながら網戸つき。

眺望は北側。窓からは東京タワーと東京スカイツリーという両タワーを小さいながら同時に望みます。すぐ目の前にはグランドプリンスホテル高輪の貴賓館も見えます。

今回の部屋はやや低階層の6階だったため、せっかくの眺めも木々の枝に隠れ気味。でも、桜が満開の時期はきっと魅力的な眺めになることでしょう。

■一休.com ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン■


【Breakfast】
ザ・プリンスさくらタワー東京_七軒茶屋外観 ザ・プリンスさくらタワー東京_ビュッフェ台 ザ・プリンスさくらタワー東京_アメリカンブレックファースト

朝食は3階の「高輪 七軒茶屋」で。メニューは和朝食とアメリカンブレックファーストの2種類のみ。ビュッフェは隣接するグランドプリンスホテル高輪の「グランカフェ パティオ」とグランドプリンスホテル新高輪の「マルモラーダ」で提供されています。

当店の場合、セットメニューとはいえサラダとヨーグルト、コーヒーはセルフサービス。ビュッフェと呼べる程の品揃えでは無く、シリアルなどはありません。この程度なら玉子料理と一緒に持ってきて欲しいです。

いただいた「アメリカンブレックファースト」のパンはクロワッサン・ミルクパン・チョデニッシュの3つ。クロワッサンはバターの風味は豊かだけどふっくらさは皆無。品川駅の反対側にある「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」と同じくらいに酷いもの。

プレーンオムレツは印象に残らず。付け合わせのベーコンは柔らかいタイプ、ソーセージは茹でただけで、ケチャップやバターは既製品。ナイフの切れが悪くてびっくりしました。

店内は広く、隣席との間隔はゆったりだけど妙に騒がしい。意外なことに外国人比率が高かった。

■一休.com ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン■


【Impression】

ゆったりしたベッドルームやブロアバスなど、ラグジュアリーホテルを目指していたのはよく分かりますが、それでもどこかファンシーなデザインや安っぽい造りも多々見られてチグハグさが目立ちます。それに、ラウンジでのチェックインや13:00チェックアウトなど個性的なサービスが次々に廃止されているのも残念ですね。

フラッグシップの座こそ「ザ・プリンス パークタワー東京」に譲りましたが、「ザ・プリンス」の名を冠しているようにプリンスホテルチェーンの中では今なお最高グレードな位置づけ。ハレの日に利用したいホテルではないけれど、宿泊料金は概ね20,000円以下とコストパフォーマンスはなかなか良好で予約も取りやすい。


ホテル宿泊記一覧

一休.com:ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン

じゃらんnet:ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊プラン

じゃらんパック:JALマイルとPontaポイントがダブルで貯まる!

一休.comレストラン予約:リストランテ カフェ チリエージョ(イタリア料理)

一休.comレストラン予約:高輪 七軒茶屋(日本料理)

一休.comレストラン:品川周辺のレストランを探す

« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記② | トップページ | リーガロイヤルホテル東京宿泊記 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・プリンス さくらタワー東京宿泊記:

« ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記② | トップページ | リーガロイヤルホテル東京宿泊記 »