« チサングランド長野宿泊記① | トップページ | 庭のホテル東京宿泊記① »

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記②

■2012年7月宿泊:「プレミア・ルーム(ツイン)」

【Room】
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_客室ドア ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_クローゼット ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ホワイエ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_全景1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_全景2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_アンバサダー特典 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_全景3 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_全景4 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_テレビ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ミニバー1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ミニバー2 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_冷蔵庫 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_デスク ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ソファ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_ベッド

今回の部屋は「プレミア・ルーム」のツインタイプです。同じプレミア・ルームでもダブルルームとはレイアウトが大きく異なっています。

ホワイエは細長くてフローリング。クローゼットはダブルルームほど広くは無いけれど十分な大きさを持っていて、セーフティボックスとチェスト、アイロンやバスローブが納められています。

ベッドルームに足を踏み入れるとすぐ目に飛び込んでくるのは2面の大きな窓。コーナールームのアドバンテージを最大限に活かした造りで「空に浮かんでいるような」というフレーズが良く似合います。

このベッドルームはほぼ正方形。2面の窓に加え、ダブルルームより天井が高いので居心地の良さはこちらの方が上です。

テレビはソニー製の「BRAVIA KDL-40EX500」。ダブルルームではデスク上に設置されていまたが、この部屋では窓際に置かれています。高い位置にある前者よりも断然見やすいけれど、せっかくの2面窓を遮ってしまっているのは少し残念。

ソファは一見するとラブチェアに見えますが、実は一人掛けのソファが二つ並べられているだけ。ただしダブルルームとは異なり妙なデッドスペースが無いのは良い点。

ベッドは120cm幅のエースベッド製マットレス。同社のマットレスにはあまり良い印象が無いけれど、この部屋で使われているものは柔らかくてなかなかの寝心地でした。

しかし、よく見ると二台のベッドは高さが異なっています。なぜなら、内側のベッド台には予備のマットレスが収納されており、ベッド台の高さも使用しているマットレスの厚さも異なるのです。また、内側のベッド脇にはアートが2枚飾られ、小さなテーブルも用意されていますが、窓側のベッド脇にはありません。

これらは意図したアシンメトリーとは思えず、「結果としてこうなった」という感が強いもの。このホテルをどうしても高級ホテルだと思えないのは、こうした点を気にしないセンスも要因じゃないでしょうか。

窓が大きいため、眼下を走る電車の騒音は結構うるさい。以前は耳栓が用意されていたのも納得。
 

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■

 
 
【Bath Room】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_パウダースペース
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_シンク ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_アメニティ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_バスルーム ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_バスタブ

パウダースペースはホワイエと同じくフローリング。照度がやや低いのは気になります。また、シンク奥にあるトイレにはやはり扉がありません。

ウェットスペースは洗い場つきタイプでゆったり。バスタブはやや小振りなもので、長さは十分だけど深さと幅は狭い。気になったのはシャワーの水圧。前回のダブルルームに比べるとかなり弱い気がします。

シャンプー類はIHG共通のエレミス。アメニティは溜池横浜のインターコンチネンタルと同じく紙箱入り。今回もブラシは無し。省略する理由が分からない。
 
 

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■

 
【View】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望1
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_眺望2
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_夜景1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル_夜景2

今回の部屋も品川駅側。隣接するビルが視界を遮るのは1/4程度であまり気になりません。昼間は高輪や御殿山の緑が美しいけれど、たまには違う景色も味わってみたい。

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■


【Breakfast】

朝食についてはこちらで。

 

■一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン■


【Impression】

同じプレミア・ルームならばダブルよりこのツインの方がお勧め。ただし宿泊料金は3万円以上。その質感を考えればコストパフォーマンスはあまり高くありません。

ホテル宿泊記一覧

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記①

一休.com:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン

じゃらんnet:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:CHINA SHADOW(広東料理)

一休.comレストラン予約:THE DINING ROOM(洋食)

一休.comレストラン:品川周辺のレストランを探す

« チサングランド長野宿泊記① | トップページ | 庭のホテル東京宿泊記① »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記②:

« チサングランド長野宿泊記① | トップページ | 庭のホテル東京宿泊記① »