« 小田急ホテルセンチュリー相模大野宿泊記 | トップページ | ホテル椿山荘東京宿泊記 »

ホテルグランヴィア京都宿泊記

■2012年12月宿泊:「セミスイート・ツイン」

【Public Space】
グランヴィア京都_外観 グランヴィア京都_メインエントランス1 グランヴィア京都_メインエントランス2 グランヴィア京都_客室階廊下 グランヴィア京都_客室配置図 グランヴィア京都_広場 グランヴィア京都_客室ドア グランヴィア京都_15階横断橋 グランヴィア京都_15階からの眺望

JR西日本ホテルズのフラッグシップである「ホテルグランヴィア京都」は巨大な京都駅ビル内に位置しています。

中央改札口を出て目の前のエスカレーターを上がれば2階のエントランスはすぐなのでアクセスはとても良好。でも、京都劇場側や南北自由通路沿いのそれらを含め、エントランスはいずれもデパートのよう。それだからか、「ターミナル駅の付随施設」という印象が強く、ホテル単体としての風格や高級感といったものはあまり感じません。

ロビーはシックなデザインで絨毯はフカフカ。ソファを数多く配置し、本来はゆったりとした時間の流れる空間です。しかし、この日はクリスマスの直前。チェックインが重なる夕方に到着したためフロント前には順番待ちの行列ができ、周囲には大きなスーツケースやそれらを運ぶ台車が乱雑に置かれていて騒がしかった。

このホテルの客室は広場をぐるりと囲むように並んでいて、大雑把に言えばコの字型。東西にとても長い造りなのに、南北2箇所のエレベーターはそれぞれのウイング先端に近い位置に設けられてるため、部屋によってはエレベーターホールからめちゃくちゃ遠い。エレベーターを降りてから延々と歩かされるホテルは、ここと「グランドハイアット福岡」が双璧です。

■一休.com ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン■


【Room】

グランヴィア京都_客室全景
グランヴィア京都_デスク01 グランヴィア京都_デスク02 グランヴィア京都_ソファ01 グランヴィア京都_ソファ02 グランヴィア京都_テレビ グランヴィア京都_冷蔵庫 グランヴィア京都_ベッドルーム01 グランヴィア京都_ベッドルーム02

今回の部屋は50㎡の「セミスイート・ツイン」。ジュニアスイートならどこのホテルでも目にしますが、セミスイートという名称は初めてです。

ドアを開けると、ホワイエや廊下は無くていきなりリビングルーム。このリビングルームは天井が少し低くく、最も低いところでは230cm程しかないためやや圧迫感があります。ベッドルームとは障子風のパネルで半分が仕切られているけれど、窓側のベッドはドア付近から丸見え。この造りはちょっといただけない。

また、この部屋は北向きのため陽射しがほとんど入らず、昼間でも暗い。気温も低くなりがちなので要注意です。(バスルームは特に寒い)

室内の壁やカーペット、ソファなどはブラウン系、テーブルやデスクなどの家具はブラックに統一されています。落ち着きのあるデザインとはいえ、やや古くささを感じますね。

ライティングデスクはドア近くに設置。広々としたデスクなのに、A3サイズ超の巨大なホテルディレクトリやパウチされた各種案内などが多数並べられていて非常に鬱陶しい。引き出しの中には雑誌が入っているのでこれらを全て収納することもできません。

シェード型のデスクスタンドは非常にパワー不足…と思ったら、ベッドルームのチェストに予備のスタンドライトが置いてありました。こんなところにあったら気づかない人もいそうです。

デスクサイドにはブラザー製の複合機。インターネット接続は無料で、無線LANの速度は下り20.1M、上り27.3Mbps程度。ただし空きコンセントは一つしか無いためPCを使うならタップの持参は必須です。

ソファはラブチェアと一人がけのものが2脚。ラブチェアはフカフカだけど、座面が短いし背もたれの角度が急すぎて座り心地は今ひとつ。東京・水道橋の「庭のホテル東京」のそれみたいです。

奥まったスペースに設置されたテレビはシャープ製「AQUOS LC-32D30」。ベッドルームにも同じ物が置かれています。インターネット接続用のキーボードがついています。テレビの下にはソニー製のブルーレイプレーヤー「BDP-S350」。まさかブルーレイがあるとは思いませんでした。

京都という土地柄だからなのか、お茶のティーバッグは豊富で「祇園辻利」の緑茶とほうじ茶が4つずつ。ポットにお湯は入っておらず、ペットボトルのミネラルウォーターが置いてありました。これは「ホテルオークラ東京」と同じやり方。冷蔵庫の中はソフトドリンクが中心。アルコールはビール4種とチューハイのみでミニボトル類はありません。

ベッドルームのテレビ下は2段のチェストで下段はコンセントつきのセーフティボックス。ナイトシャツはワンピースタイプです。

ベッドは140cm幅のシモンズ製マットレス×2。寝心地に文句は無いけれどシーツの肌触りはザラザラで今ひとつ。ナイトテーブルは中央に1台。グニャリと曲がるアーム状の読書灯とコンセントつき。ベッドスローはウール100%でマフラーみたいです。

公式サイトには

「照明やアラームなど、ベッドサイドに集中コントロールパネルを設置」

とあるけれど、コントロールできる照明はダウンライトのみ。各種スタンドライトは個別に対応が必要です。空調やカーテンの操作ができるわけでも無し、「集中コントロール」と呼ぶのはかなり大袈裟。

なお、この部屋は当ホテルのクラブフロアである「グランヴィアフロア」には属していませんが、15階のグランヴィアラウンジを利用することができます。ところが、このラウンジのサービスはかなり限定されたもので、チェックインの手続きすらできません。朝食やアルコール類、オードブルなどの提供もされておらず、過度な期待は禁物です。

■一休.com ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン■


【Bath Room】

グランヴィア京都_バスルーム入口
グランヴィア京都_クローゼット グランヴィア京都_トイレ グランヴィア京都_バスルーム全景 グランヴィア京都_シンク グランヴィア京都_バスタブ

フレンチドアを開けると妙に広いスペースがあって、左側にトイレ、正面にクローゼット、右側にバスルームが配置されています。トイレは個室タイプでシンクつき。クローゼットは鏡張りの折り戸。中にはバスローブとズボンプレッサーが用意されています。

バスルームは「リーガロイヤルホテル東京」と同じく細長い造りでシンクトップや壁は白い大理石張りでゴージャス。鏡についている照明は調光可能だけど、最大にしてもあまり明るくならないのが残念。

先端にはローマンシェードつきの細長い窓があるビューバスタイプです。眺めはベッドルームと同じく京都タワー側。外にはバルコニーがありますが、あくまで非常用。

シンクはシングル。これだけの横幅があるならダブルシンクにすれば良かったのに…。アメニティは豊富ですが、基礎化粧品は男性用のみで女性用はありません。シャンプー類はポーラの「デタイユ・ラ・メゾン」です。

バスタブはシンクと平行に設置され、アームレスト付きであまり深さの無いタイプ。オーバーフローの位置も低くく、たっぷりとお湯を溜めることはできません。バスタブの手前にはシャワーブース。水圧は十分で使い勝手は良好です。

■一休.com ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン■


【View】

グランヴィア京都_眺望01 グランヴィア京都_眺望02 グランヴィア京都_夜景

窓は縦横共それなりにワイドサイズ。レースは内側に、ドレープは外側につけられていますが、レースは劣化していてシワシワが酷すぎますね…。

今回の部屋は北向きの烏丸側。正面に「異様な」京都タワーを望む程度で他に特段の見所が無い「駅前ビュー」。魅力は乏しいです。ただし、前回利用した南側の部屋は新幹線の騒音が耳障りだったので、それが無いのは嬉しい。

■一休.com ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン■


【Impression】

今回の部屋は十分な広さを確保している割に、レイアウトがイマイチな印象が強い。とはいえ、短期間の滞在ならば大きな不満はありません。これでクラブラウンジが充実していればもっと良かったのに。

ルームサービスは深夜0:00までとはいえ品数は豊富だし、メニューに写真が多数使われていて見やすい。次回は是非「ラグジュアリーブレックファースト」でエッグベネディクトを味わってみたいですね。


ホテル宿泊記一覧

一休.com:ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン

るるぶトラベル by JTB:ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン

じゃらんnet:ホテルグランヴィア京都 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ・フルール(フランス料理)

一休.comレストラン予約:リストランテ ラ・リサータ(イタリア料理)

« 小田急ホテルセンチュリー相模大野宿泊記 | トップページ | ホテル椿山荘東京宿泊記 »

関西のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルグランヴィア京都宿泊記:

« 小田急ホテルセンチュリー相模大野宿泊記 | トップページ | ホテル椿山荘東京宿泊記 »