« ホテルクラビーサッポロ宿泊記① | トップページ | 第一ホテル東京宿泊記 »

シェラトンホテル札幌宿泊記

■2012年11月宿泊:「シェラトンコーナーツイン」

【Public Space】
シェラトンホテル札幌_外観 シェラトンホテル札幌_外観 シェラトンホテル札幌_駅側エントランス シェラトンホテル札幌_チャペル シェラトンホテル札幌_ロビー シェラトンホテル札幌_エレベーターホール シェラトンホテル札幌_客室階エレベーターホール シェラトンホテル札幌_客室階廊下 シェラトンホテル札幌_客室ドア

「シェラトンホテル札幌」が位置しているのは市内中心部から少し離れた厚別区。周囲に高い建物は無く、遠くからでもかなり目立つ31階建ての高層ホテルです。

当ホテルは1996年に「新さっぽろパレスホテル」として開業し、3年後に現ホテル名へ名称変更しました。しかしながら、2014年秋にはスターウッドホテル&リゾートワールドワイドとの提携を終了し「ホテルエミシア札幌」にリブランドする予定だそうです。

最寄り駅はJRと地下鉄東西線の新札幌(新さっぽろ)駅。どちらも至近距離とはいえ直結はしておらず、雨や雪に濡れることなくアクセスすることはできません。このちょっとの距離が非常に困りもの。

厚別青葉通りに面したメインエントランスは立派だけど、駅に近い小さなエントランスはスタッフが不在でドアも手動。大きな荷物と雨傘で両手が塞がっているとちょっと辛い。こっちのエントランスだって利用者は少なくないのだからもう少し配慮して欲しい。

大理石張りのロビーを進んでいくと、気づいたベルがフロントに誘導してくれました。でも彼らは荷物を持ってくれず、客室へのアテンドも無いので存在意義が分かりません。

フロントのカウンターも大理石張りでラゲッジ台も備わっています。チェックインの手続きはサインだけであっさり終了…と思いきや「前金制なので」と支払いを求められました。「札幌パークホテル」もそうだったけれど、カードのオーソリチェックやデポジットではなく前金制だなんてビジネスホテル並の対応ですね。

エレベーターホールはフロントの奥、日本料理「雪花」に向かう途中にあって非常にコンパクト。カゴは低層階用と高層階用がそれぞれ2基ずつあります。高層階の25~29階はSPGメンバーフロアで、そのうち25~27階が禁煙フロアに設定されています。

■一休.com ホテルエミシア札幌 宿泊プラン■


【Room】

シェラトンホテル札幌_客室全景 シェラトンホテル札幌_クローゼット扉 シェラトンホテル札幌_クローゼット内 シェラトンホテル札幌_リビングスペース シェラトンホテル札幌_ソファ シェラトンホテル札幌_ライティングデスク シェラトンホテル札幌_テレビ シェラトンホテル札幌_ベッド シェラトンホテル札幌_ナイトテーブル シェラトンホテル札幌_バスルーム前 シェラトンホテル札幌_コーヒーマシン シェラトンホテル札幌_冷蔵庫

今回の部屋は「シェラトンコーナーツイン」。以前は「ジュニアスイート」と呼ばれていたそうですが、わずか37㎡しかないのでその名称はかなり大袈裟だったと思います。

客室はエレベーターホールをぐるりと囲むように造られていて、この26階には「シェラトンコーナーツイン」が東西南北各角に2部屋ずつ、それらの間に2部屋ずつ「シェラトンツイン」が配置されています。どの部屋もエレベーターホールに比較的近く、今回の部屋ではその稼働音にかなり悩まされました。

室内は天井が低いものの、窓が2面あって開放感が高く、圧迫感は感じません。ドアを開けるとまずリビングスペースがあって、グリーンのソファとテーブルが置かれています。対面にあった一人がけのソファは撤去されていました。ソファの座り心地は悪くないけれど、グリーンのソファと赤いクッション、そして濃紺のベッドスプレッドと室内のカラーリングはバラバラです。

ドア近くの安っぽい引き戸を開けるとクローゼット。中は広めでウォークインタイプ。セーフティボックスと小いさなチェストが置かれています。ナイトウェアは浴衣のみでパジャマは無し、バスローブはリクエストベースでスリッパはウォッシャブルタイプ。「細部にまで気を配ったサービス」と言う割には残念な感。

ライティングデスクはリビングスペースの最奥に。ベッドルームに背を向けてデスクワークをしていると気が滅入るし、電話機や電気スタンドが所狭しと置かれているのでワーキングスペースは狭い。インターネット接続は有線のみで1,300円/泊。

ベッドルームとの間に置かれたテレビは三菱電機製の「LCD-32ML10」で回転台付き。VODが充実しています。

ベッドは121cm幅の「シェラトン・スイート・スリーパーベッド」。濃紺のベッドスプレッドは重厚感がありますね。柔らかい寝心地はもちろん文句なく快適。札幌市内では「札幌パークホテル」や「ホテルオークラ札幌」などフランスベッド製の固いマットレスを使っているホテルが多いので、この点では非常に大きなアドバンテージだと思います。枕は2つあって、共に高さがあるタイプなので首がちょっと疲れました。

ナイトテーブルは中央と両サイドの計3カ所。いずれもコンセントはありません。加湿器は18階以上の部屋には常備されているけれど、パワーが足りない。

バスルーム前、クローゼットの裏側にあたる場所にはエスプレッソマシンを配置。その下の冷蔵庫は空っぽです。その奥は姿見こそあれ中途半端なデッドスペースでもったいない。こんなスペースを設けるならばバスルームを広げてほしかった。

■一休.com ホテルエミシア札幌宿泊プラン■


【Bath Room】

シェラトンホテル札幌_シンク シェラトンホテル札幌_バスアメニティ シェラトンホテル札幌_バスタブ

バスルームは平凡なユニットバスでがっかり。ドアは「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」や「シェラトン都ホテル東京」と同じくワンルームマンションのそれみたいな安っぽさだし、INAX製のシャワートイレはレバーをひねり続けないと洗浄作動しない簡易型。シンクは「ヒルトン東京 」あたりに比べれば広いけれど、日常感が強くて高級感はまるで無い。バラの模様が入ったピンク色のシャワーカーテンが二重なのがまだ救い。

バスタブは小さめで幅も狭い。お湯に浸かっていると下水の臭いがやや気になります。アメニティはシェラトン共通の「Shine」。入浴剤はありません。

■一休.com ホテルエミシア札幌 宿泊プラン■


【View】

シェラトンホテル札幌_眺望1 シェラトンホテル札幌_眺望2 シェラトンホテル札幌_夜景

今回の部屋は眼下に新札幌駅を望む北広島サイド。とりたててランドマークは無いけれど、周囲に高い建物は一切無いため視界が開けていています。

住宅街の奥には北海道らしい広大な森が広がっていて癒されます。この日はあいにくの天気でしたが、晴れていればさぞかし気持ちが良いでしょう。夜はオレンジ色の街灯が美しい。

■一休.com ホテルエミシア札幌 宿泊プラン■


【Breakfast】

シェラトンホテル札幌_北海道ブレックファースト

朝食は1階のカジュアルフレンチ「カフェ・ドム」で和洋ビュッフェ。それは何となく期待薄だったので、ルームサービスの「北海道ブレックファースト」(2,800円)をいただきました。

このメニューはその名の通り北海道産の食材をたっぷりと使った和朝食だけど、タラバ蟹の入ったあら汁は熱々じゃないしトウモロコシを練り込んだ玉子焼きは冷めていました。せっかくの素材が生かされていないのはとても哀しい。

それでもイクラは思いほかボリュームたっぷりだったし「ななつぼし」も絶妙の炊き加減で美味。また、料理を運んできてくれた女性スタッフは笑顔が気持ちよく、このホテルのスタッフでは唯一の好印象。

■一休.com ホテルエミシア札幌 宿泊プラン■


【Impression】

立地がイマイチなだけに市内中心部のホテルよりも宿泊代金はかなりリーズナブル。ただ、今回の「シェラトンコーナーツイン」はやや手狭だし、スイートになると一気に値段が跳ね上がるので、その中間グレードの客室がほしいところ。

残念ながらサービス面では不満が多々。特にチェックアウト時、明細書を封筒に入れてくれないばかりか、折り畳もうともせずA4サイズそのままで渡されたのには閉口。宿泊後にアンケートに回答したところ、宿泊支配人からの返信は「貴重なご意見をありがとう」という具体性の無いテンプレ文面でさらにがっかり。

ただし眺望はかなり良く、同じ札幌市内の高層ホテルでも都会的な眺めの「JRタワーホテル日航札幌」とは違う開放感を楽しむことができます。



ホテル宿泊記一覧

一休.com:ホテルエミシア札幌 宿泊プラン

じゃらんnet:ホテルエミシア札幌 宿泊プラン

じゃらんパック:マイルとポイントがダブルでたまる!

一休.comレストラン:札幌のレストランを探す

« ホテルクラビーサッポロ宿泊記① | トップページ | 第一ホテル東京宿泊記 »

北海道のホテル」カテゴリの記事

コメント

料金前払いだったとのことですが初耳です。
毎年泊まってますがサインだけです。
人によるか、一見かどうかによるのかも。

Matさんこんばんは。
コメントありがとうございます。

そうなんですか。
このとき以降、僕は当ホテルを利用しておらず、
今後も利用するつもりは無いので詳細は分かりませんが、
利用実績や属性によって対応が変わる事はよくある話ですからね。
それに今月末でSPGを脱退したら対応は変わるかもしれません。

前払いだったのですね(驚き)・・・ここのフロントは人によってけっこう違うことを言うのですよ
(私も昨年チェックインの時に清算はチェックアウト時と言われていたのに、滞在途中で一定
金額になったので、清算せよと、通知がきて、間違いかなとフロントに言ったところ、即清算と
なったので、怒って上司に伝えなさいと言い・・・・その後、平謝りでした・・・・ほんとバカみたい
と思いましたよ、その後はすべてチェックアウト後清算です)

私はSPGのプラチナ会員で、札幌ではこの3年ほどここを定宿にしております

私も今年9月1日昼頃にチェックインしました

10泊程度の長期滞在でしたのでスターウッドのネットサイトから予約し値段は平均値
7200円程度、27階のシェラトンツイン25㎡にアップグレードされ泊まっていました

ここの特徴は安い・・・これが一番ですね 
サービスはここに書かれているようにいまいちです(地下鉄・JRに近い小さいエントランス
ばかり利用していますがスタッフがドアを開けてくれたことは一度もないですね)

滞在中に、サッカーの日本代表が泊まっていたようで、ファンらしい人がたくさんと、ホテルの
幹部スタッフが昼や夕方などにロビーにいました
正面玄関は一度しか利用していないのに・・・その時はサッカーファンをかき分けホテルに入
ろうとしたら警備員に咎められました(宿泊者と言って入りましたが)

朝食レストランはスタッフが、夕食は和食店の若い料理長やスタッフが良いと思っております

(プラチナ会員は朝食無料で、朝食時でも優先的に背がソファーの席に案内され、布のおしぼ
りがもらえます・・・観察しているとそうでない人との差があります
和食店では夕食時に複数回行くと、メニューを替えてくれたり好みのものを出してくれます)

(フロントやベルなどのスタッフは正直ダメなのがいますね・・・チェックイン・チェックアウトの
長蛇の列を見ると専用デスクでそれができるSPGプラチナで良かったと思いますよ)

ここは、個人客にはあまりいい待遇ではありませんね 団体には安くていいかもです

ダンくんさん

コメントありがとうございます。
ついにSPGを脱退してしまいましたね。
こうなると他に定宿を変更されるのでしょうか?

前金制は札幌市内だとよくあることなので、
もはや「そうですか」ぐらいにしか感じなくなってしまいました(苦笑

地下のスパは好評らしく、一度は使っておけば良かったと
ちょっと反省しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェラトンホテル札幌宿泊記:

« ホテルクラビーサッポロ宿泊記① | トップページ | 第一ホテル東京宿泊記 »