« 万平ホテル宿泊記 | トップページ | ホテルメトロポリタン盛岡・NEW WING宿泊記 »

コンラッド東京宿泊記②

■2013年1月他宿泊:「ベイビューキング」

【Public Space】
コンラッド東京_エントランス コンラッド東京_1階ロビー コンラッド東京_1階エレベーターホール コンラッド東京_28階ロビー コンラッド東京_客室階エレベーターホール コンラッド東京_客室階廊下

1年ぶりの「コンラッド東京」。正面玄関に向って歩いていたら警備員に止められてしまいました。正面玄関へのアプローチルートは自動車専用で、徒歩の場合は裏側のサブエントランスへ廻れとのこと。車なんか全然通らない日曜日なのに…。

28階のロビーに上がるとフロントの前にはチェックイン待ちの行列ができていました。以前は「ホテル椿山荘東京」と同じくソファに座っていると順番に案内されたのに、ベルトパーティションまで使って並ばせるなんて空港のカウンターみたいで少しがっかり。

カウンターに4人いるスタッフのうち客の相手をしているのは2人だけで、他の2人は端末の操作に夢中の様子。行列ができているのにスタッフ全員が対応していないというのはストレスが溜まります。事務的な仕事ならばバックヤードでやってほしいもの。

ようやく廻ってきたチェックインの手続きはサインだけで終了、かと思いきやクレジットカードの認証を求められました。前回もそうでしたが、宿泊代金は事前に支払っているしHPCJだって何年も継続しているのに、そこまで信用してもらえないのでしょうか。後日、この件についてホテルに問い合わせたところ、「認証は皆様にお願いしているが、説明不足で不快な思いをさせて申し訳ない」との回答。ルールそのものに疑問を呈しているのに、スタッフの対応に話をすり替える回答とは残念です。
 

■一休.com コンラッド東京 宿泊プラン■


【Room】

コンラッド東京_客室全景 コンラッド東京_ホワイエ コンラッド東京_クローゼット1 コンラッド東京_クローゼット2 コンラッド東京_リビングスペース コンラッド東京_テレビ コンラッド東京_テレビ下 コンラッド東京_ミニバー1 コンラッド東京_ミニバー2 コンラッド東京_ミニバー3 コンラッド東京_冷蔵庫 コンラッド東京_ソファ コンラッド東京_ベッド1 コンラッド東京_ベッド2 コンラッド東京_ナイトテーブル コンラッド東京_ディレクトリー コンラッド東京_バスルームサイド1 コンラッド東京_バスルームサイド2

今回の部屋はスタンダードフロアの「ベイビューキング」。客室の造りは同じだけど、高層ビル群側(「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」側)の「シティビュー」より4,000円ほど高い値段設定になっています。

玄関部分はフローリング。右側に大きな姿見とよく分からないオブジェがあり、左側のスライドドアを開けるとバスルームがあります。クローゼットは2つに分かれ、小さな方にはセーフティボックスとアイロン、大きな方にはチェストとフカフカの使い捨てスリッパを収納。ハンガーは18本と潤沢です。

スタンダードルームとはいえ部屋の広さは48㎡で天井も高い。カーペットは客室階の廊下と同じ若草色。このカーペットとヘッドボードには梅の木が描かれていて和の風情を感じさせます。壁紙は「ホテルオークラ東京」のコンテンポラリーフロアに良く似ているもの。

白いボードに掛けられたテレビは日立製「Wooo W37-P7000」でBSデジタルも対応。角度を変えることはできないので、デスクからだと少し見づらい。その下の大きなユニットには日立製DVDプレーヤー「DV-P700」とミニバー、冷蔵庫。コーヒーはホテルオリジナルで紅茶は「St.CHRISTOPHERS」。グリーンのボックスに収められたウイスキーは種類豊富です。

ライティングデスクははウッディな丸テーブルで非常に広い。ヒルトン系ホテルらしくデスクチェアは革張りで座り心地が良く、キャスター付きで快適。

インターネット接続環境は劣悪と言わざるを得ません。提供されている回線は無料プランと1日1,000円の有料プランがあり、後者は高速でVPNにも対応しているとの触れ込み。とりあえず無料のものを選んだら、下り1.1M、上り0.2Mbpsと散々な結果だったので仕方なく有料に変更したけれど、下り2.9M、上り2.1Mbpsと五十歩百歩な速度しか出ませんでした。おまけにこの部屋ではWiMAXがほとんど圏外で、階下にソフトバンクモバイルの本社があるというのにLTEは微弱でテザリングもできず。

窓際には幅を一杯に使った大きなカウチソファ。ここに寝転がると空中に浮かんでいるような感覚を味わえます。ただ置かれているクッションはポリエステルみたいな安っぽくいカバー。

ベッドは183cm幅のシーリー製マットレス。同じシーリー製でも「シャングリ・ラ ホテル 東京」のそれより寝心地は固い。

ナイトテーブルとランプはユニークなアシンメトリー。窓際のテーブルは横長で、電話とホテルディレクトリの入ったボックス、そして「アラームクロックスピーカー」が置かれ、なぜかスツールつき。コンセントが無いのはちょっと不便。アラームクロックスピーカーはApple製品を接続できる30ピンドックつき。iPhone5の場合はBluetooth接続が可能です。
 

■一休.com コンラッド東京 宿泊プラン■


【Bath Room】

コンラッド東京_バスルーム
コンラッド東京_バスタブ コンラッド東京_シンク コンラッド東京_アメニティ コンラッド東京_シャワーブース1 コンラッド東京_シャワーブース2

バスルーム内は白・黒・木目の三色に統一されて質感が高い。「ベイビュースイート」は洗い場つきタイプだったけれど、この部屋はシャワーブースタイプ。

個室トイレとシャワーブースはバスタブの対面に並んで設置されていて共に曇りガラス。広さは全く違いますが、レイアウトは「横浜ベイホテル東急」と同じですね。

バスタブの横、ベッドルーム側は大きなガラス窓で電動ブラインドつき。このガラス窓を通してテレビを視ることができます。シンクはダブルシンク。目の前には大きな丸い鏡があって、その外周を照明が覆っている特徴的なデザインです。ただしシンクは小さく、底が浅いので水が外に撥ねやすいため使い勝手は今ひとつ。

バスタブはオーバル型で「白いアヒル隊長」つき。先日利用した「万平ホテル」の猫足バスタブと同じく、このバスタブもそれほど大きなものではありません。背もたれ部分からお湯が外に溢れやすく、また水捌けが悪いため床がびちょびちょになってしまいます。

シャワーブースはレインシャワー付き。水圧はもう少し頑張って欲しいところ。また、バスタブから離れているのにバスマットが一枚しかないのはとても不便。普通は2枚用意されていると思うんですが…。

このクラスのホテルにしてはアメニティの品揃えがやや貧弱。バスソルト、バスピロー、基礎化粧品などのアイテムはありません。シャンプー類は「ACCA KAPPA」から「マンダリンオリエンタル東京」と同じ「AROMATHERAPY ASSOCIATES」に変更されていました。バスローブは程よい重さとふわふわ感でなかなか着心地は良かったです。
 

■一休.com コンラッド東京 宿泊プラン■


【View】

コンラッド東京_夜景

青みを帯びた窓ガラスは横幅一杯でかなりワイド。開放感は非常に高いと思います。二重ガラスなので眼下を走る首都高速の騒音は問題なし。カーテンはレースと遮光スクリーンで共に電動です。

今回も東京湾を望む「ベイビュー」。まさに東京湾を一望する眺めで、眼下には浜離宮恩賜庭園を見下ろします。「なるべく築地側の部屋を」とリクエストした甲斐があって、浜松町側にあるマンションは全く気になりませんでした。
 

■一休.com コンラッド東京 宿泊プラン■


【Breakfast】
コンラッド東京_朝食ビュッフェ コンラッド東京_オムレツ コンラッド東京_オムレツ コンラッド東京_パン コンラッド東京_店内 コンラッド東京_眺望

朝食はロビー階の「セリーズ by ゴードン・ラムゼイ」(現「セリーズ」)で提供されています。本来、セリーズのホールは入口近くのエリアですが、朝食時は営業を行っていない「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」(現「コラージュ」)のホールも使用されます。

今回いただいた「イングリッシュブレックファースト」は卵料理をテーブルでチョイス、前菜やパンなどはビュッフェ台から好きなだけというスタイル。

ビュッフェ台の品揃えはソコソコで、スモークしたハムはとても美味しい。だけど、パンは種類豊富な割に出来はどれも今ひとつな印象。お蕎麦はいかにも機械打ちでイマイチだし、ジュースのフレッシュ感は弱い。同じ朝食スタイルならばマンダリンオリエンタル東京の「アジアンインスパイアダイニング ケシキ」やシャングリ・ラ ホテル東京の「ピャチェーレ」の方が満足度はずっと上。

オムレツは甘さ控えめでトロトロ加減も十分。付け合わせはソーセージ、ベーコン、ハム、ポテトグラタンと盛りだくさんな一皿。

色々なサイトで高評価の「エッグベネディクト」、程良い酸味のオランデーズソースは確かに美味しい。でもパンと同じく、マフィンにはふんわり感がなくて足を引っ張っています。総合的には「帝国ホテル東京」の「レ・セゾン」に軍配をあげたいですね。
 

■一休.com コンラッド東京 宿泊プラン■


【Impression】

このホテルは立地が良い。東京駅へはタクシーで10分弱だし、羽田空港へ行くにも新橋から都営浅草線を利用すれば乗り換え無しでアクセスが可能。車の場合でも首都高速の汐留ランプがすぐ近くにあります。

高い天井、開放的な眺め、寝心地の良いベッドと客室は快適です。ただし「ベイビュースイート」とは違ってバスルームの使い勝手は今ひとつ。インターネット環境の悪さも致命的。

マンダリンオリエンタル東京」や「シャングリ・ラ ホテル 東京」に比べるとラグジュアリー感はやや劣る印象だけど、時期を選べばそれらよりリーズナブルに利用できるのが嬉しい。


ホテル宿泊記一覧

コンラッド東京宿泊記①

コンラッド東京公式サイト 宿泊プラン 【ベスト・レート保証】

一休.com:コンラッド東京 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:コラージュ(モダンフレンチ)

一休.comレストラン予約:セリーズ(オールデイダイニング)

一休.comレストラン予約:チャイナブルー(モダンチャイニーズ)

一休.comレストラン予約:風花(和食)

一休.comレストラン予約:トゥエンティエイト(バー&ラウンジ)

一休.comレストラン:汐留・銀座・日比谷周辺のレストランを探す

« 万平ホテル宿泊記 | トップページ | ホテルメトロポリタン盛岡・NEW WING宿泊記 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンラッド東京宿泊記②:

« 万平ホテル宿泊記 | トップページ | ホテルメトロポリタン盛岡・NEW WING宿泊記 »