« 御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京宿泊記 | トップページ | グランドプリンスホテル高輪宿泊記 »

ザ・ナハテラス宿泊記③

■2013年4月宿泊:「エグゼクティブスイート(タイプ2)」

【Room】

ザ・ナハテラス_玄関 ザ・ナハテラス_クローゼット ザ・ナハテラス_全景 ザ・ナハテラス_リビングスペース ザ・ナハテラス_ミニバー ザ・ナハテラス_冷蔵庫 ザ・ナハテラス_テーブル ザ・ナハテラス_ベッド ザ・ナハテラス_コーナー

「ザ・ナハテラス」のエグゼクティブスイートには2つのタイプがあります。廊下の先端、正面玄関の真上に位置するタイプ(以下、先端タイプ)が各階に2部屋、そして今回利用した黄金森公園サイドに位置するタイプが1部屋です。

ドアを開けるとちょっとしたホワイエが設けられ、大理石のカウンターと琉球ガラスを用いたアートが飾られています。左を向けばクローゼットとバスルームがあり、リビングスペースへはクランク状に進みます。

クローゼットは先端タイプのようなウォークインでは無いけれど広さは十分。中には4段のチェスト、アイロン、そしてやたらレトロなセーフティボックスが納められています。

客室はベッドスペースとリビングスペースの間に仕切りが無いワンルームスイート。横に長い造りで、先端タイプに比べるとベッドスペースの奥行きは短め。ウッドブラインドがつけられた窓は非常にワイドなので開放感も高い。

先端タイプではソファセットが凹んだところに設置されているため孤立している印象を受けますが、この部屋ではベッドスペースの独立感が高くてスイートらしいです。使い勝手もこちらの方が勝っている気がします。

ベッドは先端タイプが通常のツインベッド配置なのに対し、この部屋は「クラブツイン」と同じく2台のベッドがくっついたハリウッドツインになっています。マットレスはやはり120cm幅のフランスベッド製で寝心地はイマイチです。

ナイトテーブルはソファ側に一つだけ。コンセントはありません。また、ラジオのスイッチがヘッドボードで完全に隠れてしまっているのはすごく残念。

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【Bath Room】

ザ・ナハテラス_バスルーム入口 ザ・ナハテラス_シンク ザ・ナハテラス_バスタブ1 ザ・ナハテラス_バスタブ2 ザ・ナハテラス_バスタブ3 ザ・ナハテラス_ベッドルーム側から

バスルームは先端タイプと同じ造り。「マンダリンオリエンタル東京」と同じくシャワーブースに扉が無いのはちょっと残念だけど、総大理石張りで高級感が非常に高い。使い勝手だけでいえば「リーガロイヤルグラン沖縄」や「ロワジールスパタワー那覇」の方が上だけど、質感は圧倒的にこちらの方が上です。

バスタブはクラブツインのものより大きくて非常に快適。扉を開け放てばベッドルームまで見渡せる開放感も大きいです。バスルームに関してはスタンダードルームとの差が大きいですね。

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【View】

ザ・ナハテラス_眺望 ザ・ナハテラス_プールを見下ろす

先端タイプは那覇市内中心部を広く見渡し、玄関下の急坂を見下ろせる眺め。一方、この部屋からは黄金森公園や泊の港方面を望みます。緑豊かで夕陽が美しく、見飽きることの無い、大好きな眺めの一つ。

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン

【Breakfast】
朝食についてはこちらで。

 

■一休.com ザ・ナハテラス 宿泊プラン


【Impression】

エグゼクティブスイートで人気があるのは先端タイプとのこと。確かに廊下の突き当たりに客室があると、それだけで「特別室だなぁ」と感じられるけれど、両方利用してみるとこちらの方がお気に入り。

最近、一休.comではクラブツインと同じ料金でエグゼクティブスイートに泊まれるお得なプランで予約できるので要チェックです。


ホテル宿泊記一覧

ザ・ナハテラス宿泊記①

一休.com:ザ・ナハテラス 宿泊プラン

じゃらんnet:ザ・ナハテラス 宿泊プラン

るるぶトラベル:ザ・ナハテラス 宿泊プラン

じゃらんパック:JALマイルとPontaポイントがダブルで貯まる

« 御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京宿泊記 | トップページ | グランドプリンスホテル高輪宿泊記 »

九州・沖縄のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ナハテラス宿泊記③:

« 御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京宿泊記 | トップページ | グランドプリンスホテル高輪宿泊記 »