« 名古屋観光ホテル宿泊記 | トップページ | ドーミーイン長崎宿泊記 »

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記②

■2016年8月宿泊:「エグゼクティブデラックス・ツイン」

【Room】
ANAインターコンチネンタルホテル東京_エントランス ANAインターコンチネンタルホテル東京_客室全景 ANAインターコンチネンタルホテル東京_ライティングデスク ANAインターコンチネンタルホテル東京_冷蔵庫 ANAインターコンチネンタルホテル東京_ミニバー1 ANAインターコンチネンタルホテル東京_ミニバー2 ANAインターコンチネンタルホテル東京_ソファ ANAインターコンチネンタルホテル東京_アンバサダーギフト ANAインターコンチネンタルホテル東京_ベッド

今回の客室は33階の「エグゼクティブデラックス・ツイン」。 以前は28階以上が「クラブインターコンチネンタルフロア」と呼ばれていましたが、現在は21〜27階と32〜34階が「エグゼクティブデラックス」、28〜31階と35階が「プレミア」というフロアカテゴリになっています。クラブインターコンチネンタルラウンジの利用するには1室16,000円!の追加料金が必要です。

ホワイエ部分はフローリングでバスルームのドアとクローゼットが並列に並んでいます。クローゼットの折り戸はちょっと固く、中には照明が無いため暗い。収納されているのはアイロン、使い捨てスリッパ、竹踏み。アイロン台は大型で使いやすい。

この客室タイプの広さは28~32㎡、天井高は2.69m。開業から30年が経過しており、現在の水準ではば狭いと言わざるを得ませんが、ほぼ同時期に開業した「ANAクラウンプラザホテル京都」に比べると古くささはあまり感じません。室内はウッディで落ち着いたデザイン。 リノベーションされてから少し時間が経っているためカーペットは汚れが少し目立ちます。

ライティングデスクの天板は人工大理石という少し珍しいタイプで奥行きは55cm。金縁の鏡が少し邪魔だけど、使い勝手は悪くない。チェアは革張りでキャスター付き。インターネット接続は下り20.3M、16.6Mbps。

テレビはPanasonic製「VIERA TH-37LZ80VL」で回転台付き。地上波とNHK BSはデジタル画質なのに、BSの民放チャンネルはなぜかアナログ画質。WOWOWも視聴可能です。

テレビの下は2段の引き出し。収納されているパジャマはワッフル地のワンピースタイプ。同じインターコンチネンタルでも「ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル」のそれよりずっと良い。

窓際にはレザーソファー。座面の奥行きが短く、背もたれも中途半端な高さしか無いので座り心地は今ひとつ。

ベッドは110cm幅のシモンズ製マットレス。2台のベッドの間隔は15cmしかなく間に入るのは困難。これならばくっつけてハリウッドツインにすれば良いのに。

ナイトテーブルは両サイドに設置。窓側のそれにはコンセントがあります。バスルーム側にはiPodドッキングステーション「iHOME」が用意されていますが、インターフェイスが今どき30ピンDockコネクタでは…。このナイトテーブルの前面は和紙のようなパネルがはめ込まれていて、足元灯をつけると行灯のようです。

なお、ルームサービスは館内レストランからのデリバリーを含め、品揃えは豊富で24時間対応です。また、ランドリーは3時間仕上げ(料金50%増)や1.5時間仕上げ(同100%増)サービスが大変便利。

■一休.com:ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊プラン■

【Bath Room】
ANAインターコンチネンタルホテル東京_シンク ANAインターコンチネンタルホテル東京_バスタブ ANAインターコンチネンタルホテル東京_シャワーブース&トイレ

この部屋のバスルームはシャワーブース付き。壁はコンクリートなのようなユニークなデザイン。また、居室側の壁はガラスになっていてロールカーテン付き。といっても、「マンダリンオリエンタルホテル東京」や「コンラッド東京」のようなクリアガラスではなく曇りガラス。

シンクトップは御影石。コンパクトだけど安っぽさはなく、スツールもあって便利。アメニティは薄い箱に入っていて、シャンプー類や石鹸はインターコンチネンタル共通の「AGRARIA」。

バスタブは幅が狭くて深さもないけれど、長さは十分でゆったりできます。脇の壁にはTOTO製「EKK30029」という旧型で地デジは未対応。BSの一部と海外放送しか視聴できず、しかも視野角が極端に狭いため湯船にゆったりつかった状態ではほとんどダメ。BGM代わりオマケ機能と割り切るべき。

ユニークなのはシャワーブース。バスタブに隣接していて仕切りが無いのでダイレクトにアクセスできる造り。高い位置の固定シャワーとボディシャワーも気持ちよい。ただし、床の黒カビがちょっと気になります。

■一休.com:ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊プラン■


【View】

ANAインターコンチネンタルホテル東京_夜景

カーテンはドレープのみ電動コントロール。 今回の眺望は赤坂方面。すぐ目の前には赤坂インターシティが見え、さらに「インターシティAIR」という38階建てのビルを建設中で皇居方面の視界を遮ります。一方、眼下の赤坂ツインタワーは取り壊し中。

■一休.com:ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊プラン■


【Beakfast】

朝食は2階の「カスケイドカフェ」で朝6:00から提供されています。当店は185席もある大箱ですが、人気店で宿泊客以外の利用も多く混雑しがち。この日もエッグステーションには常に行列ができていて、入店待ちもちらほら。それゆえ隣接する「アトリウムラウンジ」も開放していました。また、混雑している上に2人卓は隣席との間隔が狭く、ゆったりとした朝食とは程遠い。

ビュッフェ台には和洋中の料理が並びますが、和食メニューはやや少ない。日本料理「雲海」で朝食営業は実施されておらず、和食が食べられるのは当店だけなのだから、もう少し充実させた方が良いと思います。

中華メニューはチャーハンや焼売など。ラーメンの実演コーナーはスタッフ不在なことが多くて残念。パンは種類豊富で、一つ一つはやや小振り。クロワッサンはバターの風味が香ばしいけれど、サクサク感が不足している印象です。ヨーグルトが既製品というのもがっかり。

スタッフは外国人が多く、目が行き届いていない印象。コーヒーはポットが届けられるだけで、自分で注ぐっていうのも何だかなぁ。

■一休.com:ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊プラン■



ホテル宿泊記一覧

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記①

一休.com:ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ピエール・ガニェール(フランス料理)

一休.comレストラン予約:ザ・ステーキハウス(ステーキ)

一休.comレストラン予約:赤坂(鉄板焼)

一休.comレストラン予約:中国料理 花梨(広東料理)

一休.comレストラン予約:雲海(日本料理)

一休.comレストラン予約:カスケイドカフェ(ビュッフェ)

一休.comレストラン:ホテル周辺のレストランを探す

« 名古屋観光ホテル宿泊記 | トップページ | ドーミーイン長崎宿泊記 »

東京のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記②:

« 名古屋観光ホテル宿泊記 | トップページ | ドーミーイン長崎宿泊記 »