« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記② | トップページ | ホテルオークラ福岡宿泊記 »

ドーミーイン長崎宿泊記

■2016年9月宿泊:「ツインルーム」

【Public Space】
ドーミーイン長崎_外観 ドーミーイン長崎_エントランス
ドーミーイン長崎_エレベーターホール ドーミーイン長崎_客室階廊下

「出島の湯 ドーミーイン長崎」が位置しているのは長崎市銅座町。最寄りの市電停留所は「築町」、長崎空港からは「長崎新地」で下車して徒歩5分程度です。ホテル前の橋を渡れば中華街で、「ホテルJALシティ長崎」はすぐ近く。周囲には飲食店が数多く建ち並んでいます。

このホテルの建物は2005年5月まで「長崎東映ホテル」として営業していて、2階にはディスコ「マハラジャ」があったんだそうです。現在、1階にはファミリーマート、2階に「手もみ処」があるものの、他のテナントは空いているしエントランス付近は暗いのでちょっと寂しい。フロントは3階に設けられていて、コンパクトなカウンター。

一階にはファミリーマート、2階には「手もみ処」があるものの、他のテナントは空いているしエントランス付近は暗いのでちょっと寂しい。

フロントは3階に設けられていて、コンパクトなカウンター。チェックインの手続き開始は15時きっちり。 対応は非常に丁寧でしたが、時間がかかり、順番待ちの行列ができていました。宿泊代金は前払い制です。隣接するレストラン「Hatago」では朝食のほか、21:30~23:00の間に「夜鳴きそば」と称して醤油ラーメンを無料で提供するというユニークなサービスが実施されています。

■一休.com:出島の湯 ドーミーイン長崎宿泊プラン


【Room】

ドーミーイン長崎_客室玄関 ドーミーイン長崎_居室 ドーミーイン長崎_テレビ ドーミーイン長崎_ライティングデスク ドーミーイン長崎_アームチェア ドーミーイン長崎_ベッド

当ホテルの客室はカプセルルームから42㎡の和洋室まで種類豊富。とはいえ、全211室のうち14㎡の「ダブルルーム」が110室を占め、 ちょっと興味深い和洋室は2部屋しかありません。

今回利用したのは「ツインルーム」。ドアを開けるとコンパクトなホワイエがあり、扉の無いクローゼットが設置されています。用意されているのは部屋着とウォッシャブルスリッパ、消臭剤。居室との間にはスライド式の内扉が設けられています。

この部屋の面積は21㎡、天井高は2.46mです。 居室内はさすがにコンパクトで、ベッドが大部分な印象です。シーリングライトとナイトランプは「JR九州ホテル長崎」と同じように中華風。

ライティングデスクは奥行き49cm、幅は正味80cmほどとややコンパクト。デスクライトは壁に設置されたブラケットライトしかなく、ちょっと非力。 チェアは肘掛け付きのアームチェア。電話機はjacobjensenで、ホテル外に架電する場合はフロントに連絡が必要です。

ティーセットは緑茶のみで冷蔵庫は空っぽ。テレビはPanasonic製「VIERA TH-32X1HT」。大浴場の混雑状況を確認できるのはとっても便利。

窓際にはコーヒーテーブルとデスクチェアと同じアームチェアが置かれています。

ベッドは120cm幅のシモンズ製マットレスで安心。ただし、シーツの肌触りはざらざらです。 ナイトテーブルは無く、低いヘッドボードの上にスマホを置ける程度。コンセントはコントロールパネルにありました。

■一休.com:出島の湯 ドーミーイン長崎宿泊プラン


【Bath Room】

ドーミーイン長崎_バスルーム ドーミーイン長崎_シンク ドーミーイン長崎_アメニティ

客室のバスルームはビジネスホテルらしくコンパクトなユニットバス。大浴場があるため使う機会はありませんでした。

シンクもコンパクト。便座の脇に非常用水が10L確保されているのが面白い。

アメニティは歯ブラシ、ひげそり、ブラシ、麺棒のみ。シャンプー類はPOLA製の「シャワーブレイク」。

■一休.com:出島の湯 ドーミーイン長崎宿泊プラン■


【View】

ドーミーイン長崎_眺望

今回の眺望は、中華街とは反対側の銅座方面。魅力的な眺めとは言い難い。

【Spa】
ドーミーイン系列のウリである大浴場はフロントのある3階に造られています。大浴場の脇にはちょっとした休憩スペースがあって、自動販売機や漫画本が並ぶ本棚が設置されています。

入浴可能時間は15:00~翌朝10:00まで。ただし、サウナは1:00~5:00は利用できません。男性用の浴室に入るにはルームキー、女性用は防犯上の理由からフロントで配布される暗証番号が必要です。脱衣所もそれなりに広いけれど、バスタオルは用意されておらず、部屋から持っていかなきゃいけないのは少し不便。

男性用浴室は意外なほどに広く、浴槽は2つとサウナ、水風呂。露天風呂こそ無いものの、「札幌プリンスホテル」のそれよりも広いですね。温泉では無いけれど、超軟水を使用しているとのことでお湯は滑らか。洗い場も豊富で混み合う時間も安心です。

ホテル宿泊記一覧

一休.com:出島の湯 ドーミーイン長崎宿泊プラン

じゃらんnet:出島の湯 ドーミーイン長崎宿泊プラン

« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記② | トップページ | ホテルオークラ福岡宿泊記 »

九州・沖縄のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドーミーイン長崎宿泊記:

« ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記② | トップページ | ホテルオークラ福岡宿泊記 »