« 沖縄かりゆし アーバンリゾート・ナハ宿泊記 | トップページ | 移転しました。 »

ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記⑦

■2017年6月宿泊:「クラブスーペリア・ダブル」

【Public Space】
開業20周年を迎えた「ザ・リッツ・カールトン大阪」。全客室とクラブラウンジの改装が完了したとのことで久々に訪問しました。フロントで名前を告げるとクラブラウンジでのチェックインを提案され、ベルの案内で34階に向かいます。途中のロビーや廊下は、グルメショップとブティックの位置が交換されて以降、特に変わっていないようです。

ところがエレベーターに乗り込んでびっくり。33~35階のクラブフロア(クラブレベル)へ行く際にルームキーを差し込む鍵穴がふさがれています。なんとルームキーはディンプルキーからカードキーに変更されたとのことです。重いキーホルダーがついたあの鍵こそ当ホテルに相応しかったのに味気ないカードキーになるとは残念。

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■

【Club Lounge】
ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ ザ・リッツ・カールトン大阪_クラブラウンジ

5月1日にグランドオープンした新クラブラウンジ。エレベーターのドアが開くと顔馴染みのスタッフが出迎えてくれてほっとします。エントランスには菱形模様の大理石が敷き詰められ、コンシェルジュデスクが設置されています。ここに常駐しているキャッシャー担当の女性スタッフは以前の着物姿に戻ったそうです。やはり当クラブラウンジのコンシェルジュには着物が似合いますね。

リビングエリアと呼ばれる手前の部屋にはローテーブルとソファ席が配置され、奧のダイニングエリアとの間にはバーカウンターが設けられました。以前のバーカウンターは利用頻度が低かったように思いますが、今回の改装を機に今回は17:00からはバーテンダーが常駐するそうなので楽しみです。

ダイニングエリアの中央にはソファ席、それを囲むようにテーブル席が置かれていて、以前よりも2人卓が少し増えたような気がします。室内はウォームグレーとベージュを基調とし、オレンジのカーテンやチェアがアクセントになっています。

天井に吊された円形の照明はマンダリンオリエンタル東京のメインダイニング「シグネチャー」のそれに似ています。イメージイラストではもっと明るく開放的に描かれていましたが、照度が控えめなのでこれまで通り落ち着いた雰囲気です。

席につくと、生姜やミント、蜂蜜を使ったウェルカムカクテル「GARI 34」が供されました。微炭酸で辛さは控えめ、ジンジャーエールよりも爽快感のある後味で美味しい。もちろん、ティータイムには3段のアフタヌーンティーセットが健在です。

ビュッフェ台は新設されたフードプレゼンテーションエリアに集められています。ここは客室を一部屋閉鎖し拡張したスペース。エントランスやバーエリアと同じく菱形模様の大理石が敷き詰められていて、照明はレトロな街灯のよう。ダイニングエリアとの間には扉があり、1日5回実施されるプレゼンテーションの間はクローズして準備が進められます。

ドリンクやヨーグルトなどはショーケースに収納されています。スタッフにオーダーせずとも、自由に取り出すことができるのは便利かもしれませんが、以前のようにガラス瓶やピッチャーを氷で冷やしていた方が優雅で好きでした。

7:00からの朝食時にはエッグステーションにコックが常駐しており、卵料理をオーダーできます。料理の品揃えには変化をあまり感じませんでしたが、クロワッサンは相変わらず美味しいです。なお、クラブレベルのゲストは1階の「スプレンディード」での朝食ビュッフェを選択できた時期もありましたが、現在はクラブラウンジのみとなっています。

17:00からのリフレッシュメント(夕食前のオードブル)には押し寿司や炒飯などお腹に溜まるような料理が数多く並びます。今回、僕はラウンジでの滞在時間が短く、いただけなかったのが心残り。

19:00からのナイトキャップはケーキなどのスイーツが中心。新たにチョコレートファウンテンが設けられ人気でした。

 

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■

【Room】
ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル

今回利用したのは「クラブスーペリア・ダブル」。クラブラウンジと同じ34階の客室をアサインされました。改装に伴ってクラブレベルは全室禁煙になったそうです。

改装前、このクラブレベルの客室は赤、レギュラーフロアとスカイビューフロアは青を基調としていましたが、改装によって各フロア共通でウォームグレーを基調とするシックなインテリアに変わりました。

工事前のイメージイラストでは「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」のエグゼクティブフロアのように派手なテイストになる気がしていましたが、実際にはドレープが少し目につく程度で落ち着いたインテリア、さほどの違和感はありません。

絨毯は以前よりも毛足が長くてフカフカです。数多く飾られているアートは全て一新され、モノクロ写真になりました。照明は変更無く、シェードだけが新調されたようです。ダウンライトは無く、ベースカラーがグレーだと夜は一層暗く感じます。

クローゼットにはアイロンと大型のアイロン台が標準装備に。パジャマはツーピースタイプで肌触りが優しい。アクセントカラーがプラチナからブルーに戻りましたが、ホテルのライオンロゴが無くなってしまいました。

ミニバーには数年前からネスプレッソマシンが追加されました。電気ポットはデロンギ製の電気ケトルに変更。グラスは4つだけで、ラグジュアリーホテルなのにワイングラスが無いのは寂しいし、リッツ・カールトンの象徴とも言えるブルーゴブレットも復活せず。

ショックだったのはティーカップがリチャード・ジノリからナルミになったこと。これはクラブラウンジも同じで、カップだけでなくプレート類もナルミになってしまいました。そして、かつてテイラーズ・オブ・ハロゲイトだったティーバッグはホテルオリジナルに変わり、現在は煎茶とダージリンの2種類。

引き出しにはボトルワインやウイスキーのミニチュアボトル、スナック類。ここに置かれている「ジャンボチョコチップクッキー」、以前はウェルカムスイーツとして提供されていたのに…。

改装前、大きなアーモアに収められていたテレビは曲線を描くスタイリッシュな台の上に置かれるようになり、すっきりとしました。また、以前の37型からPanasonic製の4K対応「VIERA TH-55DX750HT」という55型へと大型化。しかもベゼルが細く、余計に大きく感じます。ただし、がっちりと固定されているため角度は変えられず、ライティングデスクからは斜めになってほとんど見えません。

テレビ台には2つの棚がついていて、その1つにSONY製DVDプレーヤー「DVP-NS53P」が収められているのは変わらず。せっかくならブルーレイプレーヤーに変更してほしかったところ。下の段には「JAPANESE PRINTS」と「LIVING IN STYLE LONDON」という2冊の写真集。

ベーカー社製のライティングデスクは変更無く、大型でとても使いやすい。入力端子はD-subとミニジャックが無くなり、新たにHDMIとUSBが加わりました。ただ、コンセントが1つしか無いのは少し不便。

引き出しの中にはレターセットは便せんと封筒が1枚ずつ。ソーイングキットはクローゼットのチェスト内に移動しましたが、存在に気付きにくいためここに戻した方が良いと思います。デスクチェアも新調され、肘掛けは無くなったものの座り心地は上々です。

窓際のアームチェアとオットマンはファブリックがブルーな生地に張り替えられました。でも、2脚あったのに1脚だけにしてしまったのはがっかり。

ベッドの上に置かれたウール地のスローケットは4枚に重ねるセッティング。ヘッドボードは革張りのものに変更され、新たにアーム状の読書灯がつけられました。

マットレスは変更無く、日本ベッド製の「Silky Pocket」。クラブフロアではその上にフェザーマットが置かれています。最近はエアウィーブを採用するホテルが徐々に増えていますがこちらのマットも寝心地では負けていません。

ナイトテーブルのコントロールパネルにはコンセントに加え、USB端子がつきました。目覚まし時計はナチュラルなデザインのものに変更されましたが、以前のクラシカルな時計の方が高級感があって良かったのに。

ターンダウンは17時から。かつて実施されていた日本茶と和菓子のサービスは廃止され、2枚のチョコレートが置かれるようになりました。
 

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■

【Bath Room】
ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル

アイボリーの大理石に囲まれたバスルームは細かい変更に留まっています。クラブレベルのシャワーカーテンには赤いラインが入っていまいしたが、ブルーのそれに変更。同時に上飾りが廃止されてしまい、かなりグレードダウンした印象を受けます。

ダブルボウルのシンクに一輪挿しが飾られたのは嬉しい変更。シャンプー類は引き続きイギリス王室御用達の「Asprey」。アメニティの大半は引き出しに収納され、シンク上にはボディーローションと石鹸だけが置かれてます。かつてクナイプだったバスソルトはホテルオリジナルになってしまいました。ミラーに埋め込まれたテレビは高画質なものに入れ替えられましたが、写り込みが酷く、バスタブからは見づらいです。

バスタオルからはホテルのライオンロゴが消え、バスローブは表がパイル地でやや薄手のものに変わっています。

トイレの壁紙はファンシーなものからシンプルなものに張り替えられ、便器はタンクレスタイプを導入。(以前のものに不満は無かったですが)。トイレ内に飾られていたアートが外されてしまったのは寂しいですね。
 

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■

【View】
ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル ザ・リッツカールトン大阪_クラブスーペリアダブル

今回の部屋は西側。こちらの向きは隣接するブリーゼタワーが視界をやや遮ります。

■一休.com ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン■

【Impression】
総額12億円を投じたという今回の改装は客室、クラブラウンジ共にこれまでのテイストを大きく変えることなく現代風に進化している印象です。デザイン面において落胆することはありませんでした。

とはいえ、バスルームがほとんど変わっていないのは残念。当ホテル最大の魅力はハコではなくヒトだと思うし、水回りの改装が高負荷なのは分かります。しかし、「セントレジスホテル大阪」や「インターコンチネンタルホテル大阪」、そしてこの6月に開業した「コンラッド大阪」などのライバルは洗い場つきのバスルームであり、バスタブとシャワーブースがセパレートされたこのバスルームは既に時代遅れ。手を入れなくて良かったのか?と疑問が残ります。

また、リチャード・ジノリのテーブルウェア廃止をはじめとしたコストカットがどんどん進んでいるし、ルームキーのカード化やクラブラウンジにおけるショーケースの導入など、利便性を追求しているように感じてしまいます。当ホテルにそんなことは期待していないですし、それよりも「第二の我が家」としての優雅さを追い求めてほしいです。

ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記①

ホテル宿泊記一覧

一休.com:ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン

るるぶトラベル by JTB:ザ・リッツ・カールトン大阪 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ・ベ(フランス料理)

一休.comレストラン予約:花筐(懐石・鮨・天ぷら・鉄板焼)

一休.comレストラン予約:香桃(中国料理)

一休.comレストラン予約:スプレンディード(イタリア料理)

« 沖縄かりゆし アーバンリゾート・ナハ宿泊記 | トップページ | 移転しました。 »

関西のホテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リッツ・カールトン大阪宿泊記⑦:

« 沖縄かりゆし アーバンリゾート・ナハ宿泊記 | トップページ | 移転しました。 »